白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)

意味

多くの人の中から選出されるという意味です。

例文・使い方

彼に白羽の矢が立ち、新しいプロジェクトのリーダーになりました。

彼女に白羽の矢が立ったことに誰も驚きませんでした。

次期副社長として、彼に白羽の矢が立った。

優れた成績が認められて、彼女に白羽の矢が立った。

地域の代表として私に白羽の矢が立ちました。

新製品の開発責任者には、優れたアイデアとスキルが評価された彼に白羽の矢が立てられました。

あろうことかプロジェクトのリーダーには、新入社員の彼に白羽の矢が立てられた。

私に白羽の矢が立ってしまい、多くの責任を背負うことになった。

参考

TOP