敵は本能寺にあり(てきはほんのうじにあり)

意味

本当の目的や目標は、表面にかかげたものと別のところにあるというたとえ。また、もっともらしい口実で人の目をあざむき、本来の目的を実現しようとすることのたとえです。

例文・使い方

敵は本能寺にありで、本当の目的は別のところにある。

生存競争の激しいビジネスの世界で生き残るためには、敵は本能寺にありで他社の意表を突く戦略を立てる必要がある。

もっともらしいことを言っているが、敵は本能寺にありで口実にすぎないだろう。

敵は本能寺にあり、彼の魂胆はわかっている。

ビジネスの世界で成功する秘訣は、常に「敵は本能寺にあり」と心得ることだ。

参考

人気の例文 ランダム
  1. 疑心暗鬼(ぎしんあんき)

  2. 寝耳に水(ねみみにみず)

  3. 登竜門(とうりゅうもん)

  4. 欺瞞(ぎまん)

  5. 井の中の蛙(いのなかのかわず)

  6. 天衣無縫(てんいむほう)

  7. 引導を渡す(いんどうをわたす)

  8. 鏡花水月(きょうかすいげつ)

  9. 千差万別(せんさばんべつ)

  10. リアルタイム

  1. 足を洗う(あしをあらう)

  2. バーター

  3. 余計なお世話(よけいなおせわ)

  4. 梁山泊(りょうざんぱく)

  5. 猫の目(ねこのめ)

  6. 雀百まで踊り忘れず(すずめひゃくまでおどりわすれず)

  7. 清水の舞台から飛び降りる(きよみずのぶたいからとびおりる)

  8. フィードバック

  9. ミイラ取りがミイラになる(ミイラとりがミイラになる)

  10. 武装蜂起(ぶそうほうき)

  1. 天高く馬肥ゆる秋(てんたかくうまこゆるあき)

  2. 一事が万事(いちじがばんじ)

  3. インセンティブ

  4. キャラクター

  5. 天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)

  6. 火事場の馬鹿力(かじばのばかぢから)

  7. 油を売る(あぶらをうる)

  8. 命あっての物種(いのちあってのものだね)

  9. 春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)

  10. 画竜点睛を欠く(がりょうてんせいをかく)

TOP