虫の知らせ(むしのしらせ)

意味

何となくよくないことが起こりそうな気がすることを意味します。

例文・使い方

虫の知らせを感じる出来事があったので、急いで帰宅した。

虫の知らせを感じ、警戒しながら家の中に入った。

数日前からなんとなく胸騒ぎがしている。何か悪いことが起こる虫の知らせだろうか。

虫の知らせとでも言うべき不吉な夢を見て目が覚めた。

天候の変化が不吉な予感を抱かせる。「虫の知らせというやつなのか」と心の中でつぶやいた。

昨日、大地震が発生したところは、虫の知らせがしてキャンセルした旅行予定の場所だった。

家族に不幸がある時、虫の知らせを感じる人もいるようです。

彼の様子を見ていると、なんだか虫の知らせがする。何か大切なことを隠しているのかもしれない。

参考

TOP