青二才

「青二才(あおにさい)」は、年が若く、経験の浅い男をののしっていう語。自分の場合は謙遜の気持ちを込めていう。
以下に「青二才」を使った短い例文をいくつか挙げます。

青二才の例文

お前のような青二才が、社長に楯突くとは何事だ。

彼は青二才だから、こんな大きなプロジェクトに参加させるのは早過ぎます。

彼は青二才ながらも、チームの一員として素晴らしい仕事をしている。

私はまだまだ青二才ですので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

青二才であることを恥じる必要はない。経験と時間を経て成長していくものだ。

参考リンク

他の語の例文を見る

TOP