人間のクズ(にんげんのくず)

意味

人間として最低限の品性や道徳を欠いている人を非難する際に使用する表現です。

例文・使い方

そんなふるまいをするなんて、人間のクズと言わざるを得ない。

動物を虐待するなんて、人間のクズしか言いようがない。

彼の利己的な行動は、まさに人間のクズそのものだ。

あいつは人間のクズだから、道徳や倫理を理解するのは難しいかもしれない。

残虐な行為を繰り返す人間のクズたちは、社会から隔離する必要がある。

人気の例文 ランダム
  1. 起死回生(きしかいせい)

  2. 梨園(りえん)

  3. 一石二鳥(いっせきにちょう)

  4. シュール

  5. 一朝一夕(いっちょういっせき)

  6. 高を括る(たかをくくる)

  7. 人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)

  8. 馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ)

  9. 矛盾(むじゅん)

  10. 寝耳に水(ねみみにみず)

  1. 背水の陣(はいすいのじん)

  2. 言質を取る(げんちをとる)

  3. 電光石火(でんこうせっか)

  4. 身から出た錆(みからでたさび)

  5. 千載一遇(せんざいいちぐう)

  6. 肩の荷が下りる(かたのにがおりる)

  7. スタグフレーション

  8. 焼け石に水(やけいしにみず)

  9. 奮い立たせる(ふるいたたせる)

  10. 慇懃無礼(いんぎんぶれい)

  1. 因果応報(いんがおうほう)

  2. まな板の鯉(まないたのこい)

  3. 蛍の光窓の雪(ほたるのひかりまどのゆき)

  4. モチベーション

  5. 燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)

  6. 本末転倒(ほんまつてんとう)

  7. 清濁併せ呑む(せいだくあわせのむ)

  8. 百聞は一見に如かず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)

  9. ポテンシャル

  10. 果報は寝て待て(かほうはねてまて)

TOP