ニッチ

意味

一般には「隙間」の意味から、特定の趣味や関心を持つ人をターゲットにした規模の小さなマーケットや、普通は気づかないようなところを表します。

例文・使い方

風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーは、ニッチ産業から主流産業へと成長しました。

クラフトビールのニッチ市場では、ユニークなフレーバーや地元の醸造所が人気を博しています。

彼女は展示物の保存修復というニッチな仕事に情熱を注いでいます。

彼は地図作成と地理的な探検というニッチな趣味に熱中しています。

あのブランドは、ヴィンテージデザインのアイウェアというニッチな商品を提供しています。

人気の例文 ランダム
  1. バーター

  2. 青天の霹靂(せいてんのへきれき)

  3. 登竜門(とうりゅうもん)

  4. スタートアップ

  5. 春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)

  6. 英気を養う(えいきをやしなう)

  7. 烏合の衆(うごうのしゅう)

  8. 類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)

  9. 感無量(かんむりょう)

  10. お盆(おぼん)

  1. 枚挙に暇がない(まいきょにいとまがない)

  2. 鵜の目鷹の目(うのめたかのめ)

  3. 類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)

  4. 鏡花水月(きょうかすいげつ)

  5. 薫陶(くんとう)

  6. 一攫千金(いっかくせんきん)

  7. 出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ)

  8. 完璧(かんぺき)

  9. 杞憂(きゆう)

  10. 梁山泊(りょうざんぱく)

  1. 一石二鳥(いっせきにちょう)

  2. 茨の道(いばらのみち)

  3. ふむふむ

  4. 水を向ける(みずをむける)

  5. お茶を濁す(おちゃをにごす)

  6. 切ない(せつない)

  7. 餅は餅屋(もちはもちや)

  8. 和して同ぜず(わしてどうぜず)

  9. 尾を引く(おをひく)

  10. サクラ(偽客)

TOP