歳月人を待たず(さいげつひとをまたず)

意味

人の都合などおかまいなく、歳月は刻々と過ぎ去ってゆくものであるという意味のことわざです。

例文・使い方

歳月人を待たず、一日一日を大切に生きなくてはいけない。

歳月人を待たずと言うように、勉強しなきゃと思っているうちに、もう還暦だ。

歳月人を待たず、何事も後回しにしては後悔するだけだ。

歳月人を待たずだから、若いうちに勉強しておいたほうがいい。

年を取れば取るほど、歳月人を待たずと実感するものだ。

参考

人気の例文 ランダム
  1. 欺瞞(ぎまん)

  2. 青天の霹靂(せいてんのへきれき)

  3. コミュニティ

  4. 狐の嫁入り(きつねのよめいり)

  5. 蛍の光窓の雪(ほたるのひかりまどのゆき)

  6. 高を括る(たかをくくる)

  7. 蹂躙(じゅうりん)

  8. 未曾有(みぞう)

  9. インセンティブ

  10. やるせない(遣る瀬無い)

  1. コミュニティ

  2. スタートアップ

  3. 長い物には巻かれろ(ながいものにはまかれろ)

  4. 木を見て森を見ず(きをみてもりをみず)

  5. 漸く(ようやく)

  6. 等閑視(とうかんし)

  7. 馬が合う(うまがあう)

  8. 情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)

  9. 欺瞞(ぎまん)

  10. 臨機応変(りんきおうへん)

  1. 井の中の蛙(いのなかのかわず)

  2. 呉越同舟(ごえつどうしゅう)

  3. 好きこそ物の上手なれ(すきこそもののじょうずなれ)

  4. 助長(じょちょう)

  5. 有言実行(ゆうげんじっこう)

  6. 白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)

  7. 千差万別(せんさばんべつ)

  8. 試行錯誤(しこうさくご)

  9. 一朝一夕(いっちょういっせき)

  10. 苦肉の策(くにくのさく)

TOP