なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

Xmasの画像

なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか
クリスマスの英語表記「Christmas」は、「Christ」と「mas」に分けられ、「Christ」はキリスト、「mas」は「ミサ」を意味します。
「Xmas」の「X」は、ギリシャ語でキリストを意味する「Χριστοσ」の頭文字です。
「X」の一字でキリストやキリスト教徒、十字架などを意味するため、クリスマスは「Xmas」、もしくは「X-mas」と表記されます。

「X’mas」が間違いといわれる理由
アポストロフィは、英語の省略符号です。
「X」は「Christ」を省略している訳ではないため、「X’mas」と書くのは誤りといわれています。

「X’mas」は日本人の誤りではない
日本で「X’mas」と書かれることが多いのは、日本人が間違って書いたためで、和製英語と同じように捉えられている傾向にあります。
しかし、19世紀には、英語圏でも「X’mas」と表記されていました。
それが日本に入り「X’mas」と書くようになったので、日本人が「Xmas」を誤って「X’mas」と書くようになった訳ではありません。
「Xmas」や「X-mas」ほど多くはありませんが、現在でも英語圏で「X’mas」と表記する例は見られます。

「X’mas」よりも「Xmas」や「X-mas」が多くなった理由
「X’mas」と書いた場合は、「キリスト(Χριστοσ)」を省略したことになります。
キリスト教徒は、キリストを「完全なるもの」と考えており、キリストを省略した「X’mas」には抵抗があります。
「X」の一字で「キリスト」を意味すると考えた場合は、キリストの省略にならないため、「Xmas」や「X-mas」の表記が多くなったと考えられています。

公式の場で使われるクリスマスの表記
「Xmas」の「X」は、単なるアルファベットという認識もあり、宗教的な意味合いが薄れることや、「Xmas」の表記は商業的な印象が強まったことから、欧米では「Xmas」の表記も敬遠される傾向にあります。
そのため、公式の場では「Christmas」と書かれることが多くなっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  2. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  3. 忙しい人の画像
    「せわしい」と「せわしない」の意味 「せわしい」は漢字で「忙しい」、「せわしない」は漢字で「忙しな…
  1. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  2. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  3. 目から鱗が落ちる画像
    目から鱗が落ちるとは あることがきっかけで、急に物事が理解できるようになることをいいます。 盲目…
  4. ダンクシュートの画像
    ダンクの意味 バスケットボールで、ゴールの真上からボールを叩きこむようにシュートすることを「ダンク…
  5. 頭にタオルを乗せ温泉に入る画像
    温泉や銭湯の湯船につかる時に頭の上にタオルを乗せるのは、置き場所がないからということも理由のひとつで…
ページ上部へ戻る