なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

Xmasの画像

なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか
クリスマスの英語表記「Christmas」は、「Christ」と「mas」に分けられ、「Christ」はキリスト、「mas」は「ミサ」を意味します。
「Xmas」の「X」は、ギリシャ語でキリストを意味する「Χριστοσ」の頭文字です。
「X」の一字でキリストやキリスト教徒、十字架などを意味するため、クリスマスは「Xmas」、もしくは「X-mas」と表記されます。

「X’mas」が間違いといわれる理由
アポストロフィは、英語の省略符号です。
「X」は「Christ」を省略している訳ではないため、「X’mas」と書くのは誤りといわれています。

「X’mas」は日本人の誤りではない
日本で「X’mas」と書かれることが多いのは、日本人が間違って書いたためで、和製英語と同じように捉えられている傾向にあります。
しかし、19世紀には、英語圏でも「X’mas」と表記されていました。
それが日本に入り「X’mas」と書くようになったので、日本人が「Xmas」を誤って「X’mas」と書くようになった訳ではありません。
「Xmas」や「X-mas」ほど多くはありませんが、現在でも英語圏で「X’mas」と表記する例は見られます。

「X’mas」よりも「Xmas」や「X-mas」が多くなった理由
「X’mas」と書いた場合は、「キリスト(Χριστοσ)」を省略したことになります。
キリスト教徒は、キリストを「完全なるもの」と考えており、キリストを省略した「X’mas」には抵抗があります。
「X」の一字で「キリスト」を意味すると考えた場合は、キリストの省略にならないため、「Xmas」や「X-mas」の表記が多くなったと考えられています。

公式の場で使われるクリスマスの表記
「Xmas」の「X」は、単なるアルファベットという認識もあり、宗教的な意味合いが薄れることや、「Xmas」の表記は商業的な印象が強まったことから、欧米では「Xmas」の表記も敬遠される傾向にあります。
そのため、公式の場では「Christmas」と書かれることが多くなっています。

関連記事

  1. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
  2. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  3. JR板橋駅西口(板橋口)の画像
    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正…
  1. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  2. 時計の画像
    右回りを「時計回り」、左回りを「反時計回り」と言うように、時計の針は右回りで回っています。 時計が…
  3. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  4. ドーナツを食べる画像
    別腹が作られるメカニズム 脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。 …
  5. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
ページ上部へ戻る