iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

iPS細胞の画像

iPS細胞の「iPS」は何の略か
2006年に京都大学の山中伸弥教授のグループは、iPS細胞の開発に成功しました。
この細胞は、すべての器官や組織に分化する能力を持つ細胞で、「人工多能性幹細胞」と呼びます。
英語では「induced pluripotent stem cell」といい、その略が「iPS細胞」なのです。

iPS細胞の「i」を小文字にした理由
ふつう略字には全て大文字が使われますが、iPS細胞は頭文字の「i」だけ小文字になっています。
その理由について、山中教授は2点挙げています。
ひとつは、覚えやすいように2文字で表したかったけれど、思い浮かぶ2文字の表記は他の物質に使われていたため、3文字でもできるだけ2文字に近づけるようにしたかったということ。
もうひとつは、当時流行していたアップル社の携帯音楽プレーヤー「iPod」のように、世界中に広く普及して欲しいという願いを込めて、最初の「i」だけを小文字にしたということです。

関連記事

  1. 目の色の画像
    人によって目(瞳)の色が違う理由 一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさ…
  2. パナシナイコスタジアムの画像
    夏季オリンピックと冬季オリンピックは通称 一般に、オリンピックの夏季大会は「夏季オリンピック」や「…
  3. 夏の白馬大雪渓の画像
    初雪の定義 気象庁が発表する「初雪」は、新年になってから初めて降る雪ではなく、その冬に初めて降った…
  1. ダンクシュートの画像
    ダンクの意味 バスケットボールで、ゴールの真上からボールを叩きこむようにシュートすることを「ダンク…
  2. 塩をひとつまみする画像
    料理のレシピには、「少々」や「ひとつまみ」、「少量」や「ひとにぎり」など、ハッキリとした量で示されて…
  3. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  4. 輸血の画像
    人間に対する世界初の輸血 世界では初めて人間に輸血が行われたのは、1667年6月15日のこと。 …
  5. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
ページ上部へ戻る