カテゴリー:社会・暮らし

  • 黒船サスケハナの画像

    ペリーの黒船はなぜ黒かったのか

    黒船来航と「黒船」という言葉 嘉永6年(1853年)6月3日、マシュー・ペリー率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の4隻の船が、江戸湾の浦賀に来航しました。 日本に蒸気船が来航したのが初めてであったことと、開国を迫ら…
  • 2月29日生まれの画像

    2月29日に生まれた人の誕生日はどうなるか

    2月29日生まれの平年の誕生日 うるう日の2月29日に生まれた人は、うるう年にしか誕生日が訪れないため、「4年に1回しか年を取らない」「4分の1の年齢」などと冗談を言われます。 当然ですが、他の誕生日の人と同じように…
  • 円形に並べた色鉛筆の画像

    鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、鉛筆と色鉛筆の特徴が違うためです。 鉛筆が六角形の理由 鉛筆に六角形が多いのは、握りやすいためと転がりにくいため…
  • 一富士二鷹三茄子の画像

    一富士二鷹三茄子の意味と続き

    一富士二鷹三茄子の意味 一富士二鷹三茄子は、昔から初夢に見ると縁起が良いとされるものです。 この順で縁起が良いといわれるようになった由来は、駿河国の名物を並べて、日本最高峰の富士山、富士に棲む名鳥の鷹、他国よりも早く…
  • 初夢の画像

    初夢は何日の夜に見た夢のことか

    昔の初夢は節分の夜 「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、平安時代末期には「初夢」という概念があったようです。 この時代は、立春を新年の始まりとしていたため、節分の夜に見た夢が…
  • 七福神宝船の画像

    七福神のプロフィール

    七福神とは 七福神は、日本で福をもたらす神として信仰される、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天(弁財天)・寿老人・福禄寿・布袋の7人の神のことです。 七福神を乗せた宝船の絵は、初夢を見るために枕の下に敷く縁起物になって…
  • 除夜の鐘の画像

    煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘

    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根あるとされていて、まず6通りの煩悩があります。 眼・耳・鼻・舌は、見る・聞く・嗅ぐ・味わうことで、身は触れることを感知…
  • 電話と電卓の画像

    電卓と電話でテンキーの並び順が違うのはなぜか

    電話と電話のテンキー(数字)の並び順 電卓のテンキーの配列は、下から上に向かって「0」、「1」「2」「3」、「4」「5」「6」、「7」「8」「9」という順に並んでいます。 電話のテンキーの配列は、上から下に向かって「…
  1. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  2. 口喧嘩の画像
    負けず嫌いの「ず」と食わず嫌いの「ず」 負けず嫌いとは、他人に負けることを嫌がる勝気な性格のことを…
  3. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  4. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  5. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
  1. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
  2. 生うなぎの画像
    うなぎや穴子の料理 うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺…
  3. 浅草三社祭の画像
    三社祭とは 三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、…
ページ上部へ戻る