カテゴリー:社会・暮らし

  • 浅草三社祭の画像

    なぜ浅草神社の祭を三社祭というのか

    三社祭とは 三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、正式名称を「浅草神社例大祭」といいます。 浅草神社例大祭を三社祭と呼ぶ理由 浅草神社の祭が「三社祭」と呼ばれるの…
  • 梵天耳かきの画像

    梵天耳かきの「梵天」の由来

    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天がついた耳かきを「梵天耳かき」と呼びます。 梵天はカモやアヒルなどの水鳥の羽毛を束ねて接着したもので、耳掃除の仕上げに、…
  • 生うなぎの画像

    うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

    うなぎや穴子の料理 うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺身は脂が乗っていて美味しいです。 しかし、うなぎの刺身や穴子の刺身を出しているお店は少ないため、滅多に食べることができ…
  • 生徒が掃除をする画像

    なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないのに、「授業の一環」として掃除時間があり、生徒(児童・学生)が掃除をします。 「授業の一環」として挙げられるのは、「しつ…
  • バンコクの画像

    タイの首都バンコクの正式名称

    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と呼びます。 しかし、「クルンテープ」もバンコクの正式名称ではありません。 正式名称が覚えられないほど長いため、最初の…
  • ホットミルクを飲む画像

    牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

    牛乳を温めると膜が張る現象の名前 鍋や電子レンジで牛乳を温めた時に表面に膜ができる現象を「ラムスデン現象」といいます。 このラムスデン現象を利用した食べ物には、豆乳を温めて作る湯葉があります。 牛乳を温めると膜…
  • JR板橋駅西口(板橋口)の画像

    3つの区の境にあるJR板橋駅の住所はなぜ板橋区なのか

    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正式な所在地を置く駅です。 しかし、板橋駅の敷地が全て板橋区にあるわけではなく、板橋区板橋、北区滝野川、豊島区上池袋の境…
  • 両国国技館の画像

    両国国技館の住所はなぜ「横綱」ではなく「横網」なのか

    両国国技館の住所 大相撲の聖地である両国国技館の住所は、東京都墨田区横網町1丁目3番28号。 相撲にゆかりのある地で漢字も似ているため、「横綱(よこづな)」と間違えそうになりますが、墨田区の後は「横網(よこあみ)」で…
  1. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  2. ボジョレーヌーボーの画像
    ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方南部のボジョレー地方で収穫されるブドウから造られるワ…
  3. 口喧嘩の画像
    負けず嫌いの「ず」と食わず嫌いの「ず」 負けず嫌いとは、他人に負けることを嫌がる勝気な性格のことを…
  4. 除夜の鐘の画像
    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根…
  5. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
  1. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  2. 塩をひとつまみする画像
    料理のレシピには、「少々」や「ひとつまみ」、「少量」や「ひとにぎり」など、ハッキリとした量で示されて…
  3. トウモロコシのひげの画像
    トウモロコシのひげの正体 皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。 …
ページ上部へ戻る