カテゴリー:動物・植物

  • トウモロコシのひげの画像

    トウモロコシのひげの正体と粒の関係

    トウモロコシのひげの正体 皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。 あのひげは糸のように細く、収穫時期に絹のような艶が出ることから、「絹糸(けんし)」と呼ばれており、もともとはトウモロコ…
  • すくすく伸びるたけのこの画像

    たけのこの成長はなぜ早いのか

    たけのこの成長スピード 竹の若芽であるたけのこの成長スピードは、地表に顔を出す頃は1日数センチメートル程度ですが、10日ほど経つと1日数十センチメートル伸びるようになります。 1日で1メートル以上伸びることがあり、真…
  • 鶴亀の画像

    「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

    鶴は千年亀は万年 鶴と亀は縁起の良い生き物で、長寿の象徴となっていることから、長寿やめでたいことを祝うときの言葉として「鶴は千年亀は万年」といいます。 しかし、鶴と亀の寿命が長いといっても、本当に鶴が千年、亀が一万年…
  • モンシロチョウとタンポポの画像

    紋は黒いのにモンシロチョウという理由

    モンシロチョウの特徴 蝶の中で最も身近に見られるモンシロチョウは、翅の色は白く、前翅に2点、後翅の前縁に1点の黒い紋があります。 白いのは翅全体、黒いのは紋なので、「モンクロチョウ(紋黒蝶)」が正しいように思えますが…
  • 赤い目のウサギの画像

    ウサギの目が赤い理由

    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサギは黒みがかった茶色の目をしています。 目が赤いウサギは、ペットとして飼われているカイウサギの一部で、体毛の色が白いウ…
  • 鶏と卵の画像

    鶏の年間産卵数と卵を産む周期

    鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない 国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年当たりの鶏卵消費量は320~330個で、世界最高水準となっています。 鶏は卵を1日1個産むのが限度で、産まない日もある…
  • 三毛猫の画像

    三毛猫のオスが少ない理由

    三毛猫のオスが生まれる確率 白・黒・茶の毛色をした三毛猫の性別は基本的にメスですが、ごく稀にオスの三毛猫も存在します。 はっきりと分かっていませんが、三毛猫のオスが生まれる確率は3万分の1ぐらいといわれています。 …
  • ペンギンの画像

    ペンギンが空を飛べない理由

    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われています。 全18種類いるペンギンのうち、飛べるペンギンは1種類もいません。 しかし、ペンギンの祖先は空を自由に飛んでいた…
  1. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  2. 虹の画像
    虹が虫偏の理由 虹は雨あがりなどに大気中にあらわれる円弧状の帯のことで、太陽と水は関係していますが…
  3. 風邪をひいた女性の画像
    インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」 病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「…
  4. 頭と顔の境目が後頭部にある人の画像
    頭と顔の境目はどこになるか 美容の分野では額(おでこ)は顔に含みますが、頭を冷やす時や頭が痛いとい…
  5. トウモロコシのひげの画像
    トウモロコシのひげの正体 皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。 …
  1. 両国国技館の画像
    両国国技館の住所 大相撲の聖地である両国国技館の住所は、東京都墨田区横網町1丁目3番28号。 相…
  2. 塩をひとつまみする画像
    料理のレシピには、「少々」や「ひとつまみ」、「少量」や「ひとにぎり」など、ハッキリとした量で示されて…
  3. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
ページ上部へ戻る