2月29日に生まれた人の誕生日はどうなるか

2月29日生まれの画像

2月29日生まれの平年の誕生日
うるう日の2月29日に生まれた人は、うるう年にしか誕生日が訪れないため、「4年に1回しか年を取らない」「4分の1の年齢」などと冗談を言われます。
当然ですが、他の誕生日の人と同じように、2月29日生まれの人も毎年1歳ずつ年を取ります。
2月29日生まれの人は、何月何日に年を取るのでしょうか?
それは法律できちんと決められています。

年を取る日は誕生日の前日
年齢の数え方は「年齢計算ニ関スル法律」によって、民法第143条の規定を年齢の計算に準用することになっています。
その法律によれば、起算日は出生日(誕生日)としています。
日を単位としている場合は、時刻を切り捨てるため、午前2時に生まれた人でも、午後11時に生まれた人でも、その日の午前0時が起算日の開始時刻なります。
年齢は、年の期間が満了することで、1歳加算されます。
年の期間が満了するのは、起算日前日の午後12時(24時)なので、2月29日が誕生日であれば2月28日に1つ年を取ります。

平年とうるう年で年を取る日が違うのは3月1日生まれの人
誕生日前日の午後12時に年を取るのは、2月29日生まれに限ったことではありません。
誕生日がいつであっても、法律上年を取るのは誕生日の前日です。
3月1日生まれの人は、平年であれば2月28日の午後12時、うるう年であれば2月29日の午後12時に年を取ります。

2月29日生まれのみなし誕生日
誕生日は年齢の数え方以外に、有効期限や更新期間などの基準としても使われます。
基準として誕生日が使われる場合、2月29日生まれの人は、みなし誕生日として2月28日を誕生日とすることが定められています。

2月29日生まれの平年の誕生日パーティー
一般的な誕生日パーティーは、誕生日当日に開催されます。
これを年齢計算に関する法律に当てはめると、年を取った翌日に誕生日パーティーが開催されていることになります。
これに従えば、2月29日生まれの人が平年に開催する誕生日パーティーは、3月1日になります。
しかし、誕生日パーティーは法律に関係なく行われるものなので、3月1日であろうが、2月28日であろうが、2月の中旬であろうが、それは個人の自由です。

関連記事

  1. 白い鳩を出すマジシャンの画像
    マジックで白い鳩が使われる理由を書くためには、手品の種明かしが必要になりますので、手品の種を知りたく…
  2. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
  3. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  1. 七福神宝船の画像
    七福神とは 七福神は、日本で福をもたらす神として信仰される、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天(弁財…
  2. 単車の画像
    オートバイは二輪車なのに「単車」 オートバイ(スクーターを含む)のことを通称「単車」といいます。 …
  3. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  4. 電子レンジで温める画像
    電子レンジで食品が温まる仕組み・原理 電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています…
  5. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
ページ上部へ戻る