2月29日に生まれた人の誕生日はどうなるか

2月29日生まれの画像

2月29日生まれの平年の誕生日
うるう日の2月29日に生まれた人は、うるう年にしか誕生日が訪れないため、「4年に1回しか年を取らない」「4分の1の年齢」などと冗談を言われます。
当然ですが、他の誕生日の人と同じように、2月29日生まれの人も毎年1歳ずつ年を取ります。
2月29日生まれの人は、何月何日に年を取るのでしょうか?
それは法律できちんと決められています。

年を取る日は誕生日の前日
年齢の数え方は「年齢計算ニ関スル法律」によって、民法第143条の規定を年齢の計算に準用することになっています。
その法律によれば、起算日は出生日(誕生日)としています。
日を単位としている場合は、時刻を切り捨てるため、午前2時に生まれた人でも、午後11時に生まれた人でも、その日の午前0時が起算日の開始時刻なります。
年齢は、年の期間が満了することで、1歳加算されます。
年の期間が満了するのは、起算日前日の午後12時(24時)なので、2月29日が誕生日であれば2月28日に1つ年を取ります。

平年とうるう年で年を取る日が違うのは3月1日生まれの人
誕生日前日の午後12時に年を取るのは、2月29日生まれに限ったことではありません。
誕生日がいつであっても、法律上年を取るのは誕生日の前日です。
3月1日生まれの人は、平年であれば2月28日の午後12時、うるう年であれば2月29日の午後12時に年を取ります。

2月29日生まれのみなし誕生日
誕生日は年齢の数え方以外に、有効期限や更新期間などの基準としても使われます。
基準として誕生日が使われる場合、2月29日生まれの人は、みなし誕生日として2月28日を誕生日とすることが定められています。

2月29日生まれの平年の誕生日パーティー
一般的な誕生日パーティーは、誕生日当日に開催されます。
これを年齢計算に関する法律に当てはめると、年を取った翌日に誕生日パーティーが開催されていることになります。
これに従えば、2月29日生まれの人が平年に開催する誕生日パーティーは、3月1日になります。
しかし、誕生日パーティーは法律に関係なく行われるものなので、3月1日であろうが、2月28日であろうが、2月の中旬であろうが、それは個人の自由です。

関連記事

  1. 梵天耳かきの画像
    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天が…
  2. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
  3. 両国国技館の画像
    両国国技館の住所 大相撲の聖地である両国国技館の住所は、東京都墨田区横網町1丁目3番28号。 相…
  1. はしゃぐ女性たちの画像
    はしゃぐの意味 「はしゃぐ」は、調子に乗って浮かれ騒ぐことをいいます。 一部の地域では「洗濯物が…
  2. 言葉を話す画像
    動物の中で人間だけが言葉を話せる理由 動物の中で人間だけが言葉を話せる動物です。 人間だけが言葉…
  3. 深いスリットの入ったチャイナドレス画像
    チャイナドレスにスリット(切れ目)が入っている理由 チャイナドレスは、中国清朝時代の満州族の伝統服…
  4. ホットミルクを飲む画像
    牛乳を温めると膜が張る現象の名前 鍋や電子レンジで牛乳を温めた時に表面に膜ができる現象を「ラムスデ…
  5. JR板橋駅西口(板橋口)の画像
    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正…
ページ上部へ戻る