緑色なのに黒板という理由

緑色の黒板の画像

どうして緑色なのに黒板というのか
学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学の前身となる大学南校へ持ち込んだ「blackboard」が、黒板の始まりといわれています。
当初はそのまま「ブラックボード」と呼ばれていましたが、のちに直訳されて「黒板」と呼ばれるようになりました。
当時の黒板は、木の板に墨汁を塗り、その上から柿渋を塗った簡易的なもので、文字通り、黒っぽい色をしていました。

黒板の色が黒色から緑色に変わった理由
JIS規格によって、黒板が黒色から緑色に規定されたのは1954年ですが、緑色になった時期は昭和初期といわれています。
黒色から緑色になった明確な理由はわかっていませんが、黒の染料が入手しづらくなったことや、緑色は目に優しく疲れにくいこと、心を落ち着かせる心理的効果を狙ったものと考えられています。
また、黒色よりも緑色の方が光の反射を抑えられるため、緑色の黒板の方が、白いチョークの文字が見えやすくなるという効果もあります。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  2. 頭にタオルを乗せ温泉に入る画像
    温泉や銭湯の湯船につかる時に頭の上にタオルを乗せるのは、置き場所がないからということも理由のひとつで…
  3. 郵便ポストの画像
    郵便マークの歴史 日本の郵便事業が開始されたのは1871年6月7日ですが、当時は「郵便」を表すマー…
  1. 運動会の綱引きの画像
    綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源 運動会などで綱引きをする時の掛け声には、「よいしょ」や「せ…
  2. レンコンの穴の画像
    レンコンに穴があいている理由 レンコンは漢字で「蓮根」と書くため、ハスの根だと思われがちですが、レ…
  3. iPS細胞の画像
    iPS細胞の「iPS」は何の略か 2006年に京都大学の山中伸弥教授のグループは、iPS細胞の開発…
  4. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
  5. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
ページ上部へ戻る