緑色なのに黒板という理由

緑色の黒板の画像

どうして緑色なのに黒板というのか
学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学の前身となる大学南校へ持ち込んだ「blackboard」が、黒板の始まりといわれています。
当初はそのまま「ブラックボード」と呼ばれていましたが、のちに直訳されて「黒板」と呼ばれるようになりました。
当時の黒板は、木の板に墨汁を塗り、その上から柿渋を塗った簡易的なもので、文字通り、黒っぽい色をしていました。

黒板の色が黒色から緑色に変わった理由
JIS規格によって、黒板が黒色から緑色に規定されたのは1954年ですが、緑色になった時期は昭和初期といわれています。
黒色から緑色になった明確な理由はわかっていませんが、黒の染料が入手しづらくなったことや、緑色は目に優しく疲れにくいこと、心を落ち着かせる心理的効果を狙ったものと考えられています。
また、黒色よりも緑色の方が光の反射を抑えられるため、緑色の黒板の方が、白いチョークの文字が見えやすくなるという効果もあります。

関連記事

  1. モンシロチョウとタンポポの画像
    モンシロチョウの特徴 蝶の中で最も身近に見られるモンシロチョウは、翅の色は白く、前翅に2点、後翅の…
  2. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  3. 目の色の画像
    人によって目(瞳)の色が違う理由 一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさ…
  1. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  2. 忙しい人の画像
    「せわしい」と「せわしない」の意味 「せわしい」は漢字で「忙しい」、「せわしない」は漢字で「忙しな…
  3. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  4. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  5. ボジョレーヌーボーの画像
    ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方南部のボジョレー地方で収穫されるブドウから造られるワ…
ページ上部へ戻る