鶏の年間産卵数と卵を産む周期

鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない
国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年当たりの鶏卵消費量は320~330個で、世界最高水準となっています。
鶏は卵を1日1個産むのが限度で、産まない日もあるため、産卵数は1年間で280個ぐらいといわれています。
そのため、1羽の鶏では国民1人1年当たりが消費する鶏卵の数を賄えないのです。

鶏が卵を産む周期
鶏の体内で卵ができるまでに、約24~25時間かかります。
そのため、産卵時間は前日の産卵時間よりも、1時間ほど遅くなります。
毎日1時間遅れであっても、この周期が続けば280個より多く産めるはずですが、鶏が卵を産むのは早朝から夕方までです。
夜間は卵を産まないことから、1~2日の休みが入り、また数日間連続で産むという周期になっているため、年間で280個程度の産卵数となるのです。


コチラもおすすめ

TOP