頭と顔の境目はどこか

頭と顔の境目はどこになるか
美容の分野では額(おでこ)は顔に含みますが、頭を冷やす時や頭が痛いという時には、額は頭に含まれます。
顔は頭部の前面をいうので、頭と顔を区別すること自体おかしいですが、医学的にはハッキリとした境界線があります。

一般的に考えられる頭と顔の境目
頭と顔の境界線は、髪の生え際と考えられていることが多いです。
しかし、髪の生え際の位置は、頭髪に関係します。
髪が後退している人の場合は、後頭部までが顔。完全に髪のない人の場合は、頭がないことになってしまいます。

解剖学の頭と顔の境目
解剖学では、頭蓋骨の骨格を元に、頭と顔を分けているため、顔と頭の境目がはっきりしています。
骨格を元にすると、鼻の付け根から眉毛を通って耳の穴に達するまでの曲線が、頭と顔の境界線です。
医学的には、額は顔ではなく、頭の一部なのです。


コチラもおすすめ

TOP