なぜ空は青いのか

青い空の画像

晴れた日中の空は、青い色に見えています。
空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。

空を青く見せている太陽光
太陽の光の色は、虹の色の7色です。
この7色は、波長の長いものから順に、赤色・橙色・黄色・緑色・青色・藍色・紫色で、3番目に波長の短い青色が空の色になっています。

空が青く見える理由
青・藍・紫などの波長の短い光は、空気中の窒素や酸素の分子にあたりやすく、散乱し続けるため空一面に広がります。
その一面に広がった太陽光の色を見て、人は空が青いと感じているのです。
最も波長の長い紫ではなく青に見えるのは、人間の目が紫を感じにくいためです。

関連記事

  1. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  2. 梵天耳かきの画像
    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天が…
  3. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  1. 宇宙から見た日本列島の画像
    空と宇宙の境界線の定義 地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが…
  2. 虹の画像
    虹が虫偏の理由 虹は雨あがりなどに大気中にあらわれる円弧状の帯のことで、太陽と水は関係していますが…
  3. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  4. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  5. 2月29日生まれの画像
    2月29日生まれの平年の誕生日 うるう日の2月29日に生まれた人は、うるう年にしか誕生日が訪れない…
ページ上部へ戻る