電子レンジで物が温まる仕組み・原理

電子レンジで温める画像

電子レンジで食品が温まる仕組み・原理
電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています。
食品には水が含まれており、食品中の水にマイクロ波を当てることで、水の分子のプラスとマイナスが激しく動き、その摩擦によって水の温度が上がるため、その熱が周りに波及して食材が温まります。
水分を全く含んでいない乾いた食品の場合は、水の分子を振動させられないため、電子レンジで温めることができません。

電子レンジの電波の振動はどれくらいか
電子レンジのマイクロ波を出す装置を「マグネトロン」といい、マグネトロンは水の分子が振動しやすい2.45GHz(ギガヘルツ)の周波数を発生させています。
2.45GHzは1秒間に振動する回数で、1秒間に24億5千万回振動するということです。
つまり、電子レンジは水の分子を1秒間に24億5千万回振動させて、食品を温めているのです。

なぜ電子レンジで加熱しても容器は熱くならないのか
陶器やガラスなどの容器の分子には、水のようにプラスとマイナスの分子がなく、マイクロ波に反応して振動しないため熱くなりません。
ただし、電子レンジで温められた食品の熱が容器に伝わり、容器が熱くなることはあります。
また、木や紙などの容器は食品の水分を吸収するため、容器も一緒に温められてしまいます。

【人気記事】

関連記事

  1. レンコンの穴の画像
    レンコンに穴があいている理由 レンコンは漢字で「蓮根」と書くため、ハスの根だと思われがちですが、レ…
  2. 忙しい人の画像
    「せわしい」と「せわしない」の意味 「せわしい」は漢字で「忙しい」、「せわしない」は漢字で「忙しな…
  3. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  1. 圧力鍋の画像
    圧力鍋は短時間で料理が作れる 圧力鍋は普通の鍋に比べ、時間のかかる煮物や蒸し物などの料理が短時間で…
  2. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  3. 郵便ポストの画像
    郵便マークの歴史 日本の郵便事業が開始されたのは1871年6月7日ですが、当時は「郵便」を表すマー…
  4. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  5. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
ページ上部へ戻る