電子レンジで物が温まる仕組み・原理

電子レンジで温める画像

電子レンジで食品が温まる仕組み・原理
電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています。
食品には水が含まれており、食品中の水にマイクロ波を当てることで、水の分子のプラスとマイナスが激しく動き、その摩擦によって水の温度が上がるため、その熱が周りに波及して食材が温まります。
水分を全く含んでいない乾いた食品の場合は、水の分子を振動させられないため、電子レンジで温めることができません。

電子レンジの電波の振動はどれくらいか
電子レンジのマイクロ波を出す装置を「マグネトロン」といい、マグネトロンは水の分子が振動しやすい2.45GHz(ギガヘルツ)の周波数を発生させています。
2.45GHzは1秒間に振動する回数で、1秒間に24億5千万回振動するということです。
つまり、電子レンジは水の分子を1秒間に24億5千万回振動させて、食品を温めているのです。

なぜ電子レンジで加熱しても容器は熱くならないのか
陶器やガラスなどの容器の分子には、水のようにプラスとマイナスの分子がなく、マイクロ波に反応して振動しないため熱くなりません。
ただし、電子レンジで温められた食品の熱が容器に伝わり、容器が熱くなることはあります。
また、木や紙などの容器は食品の水分を吸収するため、容器も一緒に温められてしまいます。

関連記事

  1. 生うなぎの画像
    うなぎや穴子の料理 うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺…
  2. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  3. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  1. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
  2. 口喧嘩の画像
    負けず嫌いの「ず」と食わず嫌いの「ず」 負けず嫌いとは、他人に負けることを嫌がる勝気な性格のことを…
  3. 緑色の黒板の画像
    どうして緑色なのに黒板というのか 学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学…
  4. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  5. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
ページ上部へ戻る