電卓と電話でテンキーの並び順が違うのはなぜか

電話と電卓の画像

電話と電話のテンキー(数字)の並び順
電卓のテンキーの配列は、下から上に向かって「0」、「1」「2」「3」、「4」「5」「6」、「7」「8」「9」という順に並んでいます。
電話のテンキーの配列は、上から下に向かって「1」「2」「3」、「4」「5」「6」、「7」「8」「9」、一番下に「0」という順に並んでいます。
電卓と電話で配列が異なるのは、それぞれが別々に決められたものだからです。

電卓のテンキーはどのように決まったか
電卓は計算をするための道具で、小さい数ほど使用頻度が高くなります。
使用頻度が高いものを手前にした方が、使い勝手がよくなるため、一番よく使う「0」を最も操作しやすい左下に配置し、次に小さい「1」から順に左から右、下から上に向かうよう並べられました。
「00」のキーがあるのも、「0」の使用頻度が高いためです。
パソコンのテンキーも、電卓と同じ並び順になっています。

電話のテンキーはどのように決まったか
電話で使う数字は、計算に使う訳ではなく、記号として扱う文字のようなものです。
文字を認識する際は、左から右、上から下に並んでいる方が自然で分かりやすいため、「1」が上にくるように配置されました。
「0」から始まって「1」「2」と続くのではなく、「1」から始まって「0」が一番下にある理由は、ダイヤル式電話が「1」で始まり「0」で終わっていたためです。
また、「0」「1」「2」、「3」「4」「5」、「6」「7」「8」、「9」と並ぶよりも、「1」から3つずつの方が分かりやすいという理由もあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ブタの画像
    豚の体脂肪率 豚は丸く太ったイメージがあるため、肥満の人を「ブタ」と呼んだりしますが、野生の豚の体…
  2. 除夜の鐘の画像
    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根…
  3. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
  1. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
  2. Xmasの画像
    なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか クリスマスの英語表記「Christmas」は、…
  3. ティッシュで鼻をかむ画像
    かなり多くの人が、鼻をかんだ後にティッシュを開いて中身を見ています。 自分はしないと思っている人で…
  4. 宝くじ売り場の画像
    宝くじの前後賞とは 宝くじの前後賞は、1等の当選番号と同じ組番号で末尾の数字が1つ違いのものです。…
  5. 宇宙から見た日本列島の画像
    空と宇宙の境界線の定義 地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが…
ページ上部へ戻る