郵便マーク「〒」の由来

郵便ポストの画像

郵便マークの歴史
日本の郵便事業が開始されたのは1871年6月7日ですが、当時は「郵便」を表すマークはありませんでした。
日本初の郵便マークは、「丸に一引き」と呼ばれる、日の丸のような赤い丸に太くて赤い横線を入れたもので、1877年頃から使われ始め、正式に郵便徽章と定められたのは1884年6月23日のことです。
現在の「〒」に定められたのは1887年のことですが、2月8日には「T」と告示され、2月14日に「〒」に変更し、2月19日に「Tは〒の誤りだった」と官報が出されました。

「T」から「〒」に変更された経緯
「T」から「〒」に変更された経緯には、2つの説があります。
ひとつは、「T」が第一案、「〒」が第二案として提出され、第二案の「〒」が採用されたにも関わらず、「T」と告示してしまったという単純ミス説。
もうひとつは、「T」を告示した後、国際郵便の扱いで「T」は料金不足の印として世界中で使用されていることに気づき、初代逓信大臣の榎本武揚が、「Tの上に棒を一本加える」とアイデアを出して、「〒」になったという説です。
一般に広まっているのは後者ですが、話として面白いため広まっているだけで、有力な説という訳ではなく、どちらが正解か分かっていません。

「T」と「〒」のデザインの由来
現在の郵便マークが作られた当時、郵便事業を管轄していたのは「逓信省(ていしんしょう)」でした。
「T」のマークの由来には、逓信省をローマ字表記した際の頭文字「T」からとする説や、「甲乙丙丁」の「丁」を図案化したもので、逓信の「てい」の読みに合うからという説があります。
「〒」のマークの由来は、上記の「Tの上に棒を一本加えた」という説のほか、「テイシンショウ」の「テ」を図案化したものという説があります。
いずれにしても、郵便マークの「〒」は「逓信省」に由来しています。

関連記事

  1. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
  2. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  3. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  1. 白い雪の画像
    雪は白いのか コードギアスに「雪がどうして白いか知っているか?自分がどんな色だったか忘れてしまった…
  2. 緑色の黒板の画像
    どうして緑色なのに黒板というのか 学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学…
  3. 安全第一と十字の画像
    安全第一の続き 工事現場や建設現場、工場などには「安全第一」というスローガン(標語)が掲げられてい…
  4. 初夢の画像
    昔の初夢は節分の夜 「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、…
  5. モンシロチョウとタンポポの画像
    モンシロチョウの特徴 蝶の中で最も身近に見られるモンシロチョウは、翅の色は白く、前翅に2点、後翅の…
ページ上部へ戻る