郵便マーク「〒」の由来

郵便ポストの画像

郵便マークの歴史
日本の郵便事業が開始されたのは1871年6月7日ですが、当時は「郵便」を表すマークはありませんでした。
日本初の郵便マークは、「丸に一引き」と呼ばれる、日の丸のような赤い丸に太くて赤い横線を入れたもので、1877年頃から使われ始め、正式に郵便徽章と定められたのは1884年6月23日のことです。
現在の「〒」に定められたのは1887年のことですが、2月8日には「T」と告示され、2月14日に「〒」に変更し、2月19日に「Tは〒の誤りだった」と官報が出されました。

「T」から「〒」に変更された経緯
「T」から「〒」に変更された経緯には、2つの説があります。
ひとつは、「T」が第一案、「〒」が第二案として提出され、第二案の「〒」が採用されたにも関わらず、「T」と告示してしまったという単純ミス説。
もうひとつは、「T」を告示した後、国際郵便の扱いで「T」は料金不足の印として世界中で使用されていることに気づき、初代逓信大臣の榎本武揚が、「Tの上に棒を一本加える」とアイデアを出して、「〒」になったという説です。
一般に広まっているのは後者ですが、話として面白いため広まっているだけで、有力な説という訳ではなく、どちらが正解か分かっていません。

「T」と「〒」のデザインの由来
現在の郵便マークが作られた当時、郵便事業を管轄していたのは「逓信省(ていしんしょう)」でした。
「T」のマークの由来には、逓信省をローマ字表記した際の頭文字「T」からとする説や、「甲乙丙丁」の「丁」を図案化したもので、逓信の「てい」の読みに合うからという説があります。
「〒」のマークの由来は、上記の「Tの上に棒を一本加えた」という説のほか、「テイシンショウ」の「テ」を図案化したものという説があります。
いずれにしても、郵便マークの「〒」は「逓信省」に由来しています。

関連記事

  1. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  2. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  3. iPS細胞の画像
    iPS細胞の「iPS」は何の略か 2006年に京都大学の山中伸弥教授のグループは、iPS細胞の開発…
  1. はしゃぐ女性たちの画像
    はしゃぐの意味 「はしゃぐ」は、調子に乗って浮かれ騒ぐことをいいます。 一部の地域では「洗濯物が…
  2. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  3. 女性の膝裏の画像
    膝の前面の名前 膝の前面の出っ張った部分は、一般には「膝頭(ひざがしら)」や「膝小僧(ひざこぞう)…
  4. 目の色の画像
    人によって目(瞳)の色が違う理由 一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさ…
  5. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
ページ上部へ戻る