郵便マーク「〒」の由来

郵便ポストの画像

郵便マークの歴史
日本の郵便事業が開始されたのは1871年6月7日ですが、当時は「郵便」を表すマークはありませんでした。
日本初の郵便マークは、「丸に一引き」と呼ばれる、日の丸のような赤い丸に太くて赤い横線を入れたもので、1877年頃から使われ始め、正式に郵便徽章と定められたのは1884年6月23日のことです。
現在の「〒」に定められたのは1887年のことですが、2月8日には「T」と告示され、2月14日に「〒」に変更し、2月19日に「Tは〒の誤りだった」と官報が出されました。

「T」から「〒」に変更された経緯
「T」から「〒」に変更された経緯には、2つの説があります。
ひとつは、「T」が第一案、「〒」が第二案として提出され、第二案の「〒」が採用されたにも関わらず、「T」と告示してしまったという単純ミス説。
もうひとつは、「T」を告示した後、国際郵便の扱いで「T」は料金不足の印として世界中で使用されていることに気づき、初代逓信大臣の榎本武揚が、「Tの上に棒を一本加える」とアイデアを出して、「〒」になったという説です。
一般に広まっているのは後者ですが、話として面白いため広まっているだけで、有力な説という訳ではなく、どちらが正解か分かっていません。

「T」と「〒」のデザインの由来
現在の郵便マークが作られた当時、郵便事業を管轄していたのは「逓信省(ていしんしょう)」でした。
「T」のマークの由来には、逓信省をローマ字表記した際の頭文字「T」からとする説や、「甲乙丙丁」の「丁」を図案化したもので、逓信の「てい」の読みに合うからという説があります。
「〒」のマークの由来は、上記の「Tの上に棒を一本加えた」という説のほか、「テイシンショウ」の「テ」を図案化したものという説があります。
いずれにしても、郵便マークの「〒」は「逓信省」に由来しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ボジョレーヌーボーの画像
    ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方南部のボジョレー地方で収穫されるブドウから造られるワ…
  2. 深いスリットの入ったチャイナドレス画像
    チャイナドレスにスリット(切れ目)が入っている理由 チャイナドレスは、中国清朝時代の満州族の伝統服…
  3. 沖縄の道路の画像
    沖縄の道路は雨の日に限らず、路面が乾燥している晴れの日でも滑りやすいので注意が必要です。 沖縄…
  1. 犬がお尻の臭いを嗅ぐ画像
    犬がお尻の臭いを嗅ぐ理由 犬を散歩に連れて行くと、出会った他の犬のお尻の臭いを嗅ぎます。 人間か…
  2. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  3. 緑色の黒板の画像
    どうして緑色なのに黒板というのか 学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学…
  4. 初夢の画像
    昔の初夢は節分の夜 「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、…
  5. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
ページ上部へ戻る