輸血の歴史、世界初の輸血には羊の血が使われた

輸血の画像

人間に対する世界初の輸血
世界では初めて人間に輸血が行われたのは、1667年6月15日のこと。
国王ルイ14世の顧問医師を務めたフランス人医師ジャン=バティスト・デニが、貧血に苦しむ15歳の青年に約225mlの子羊の血を輸血を行いました。

羊の血を使った輸血の結果
羊の血を輸血したわけですから当然死亡……とはならず、青年は元気になりました。
羊の血を輸血しても問題なかったことから、デニ医師は子羊の血を使って輸血を続けていましたが、輸血をした患者の中から死亡者が出てしまい、殺人罪で訴えられました。
裁判の結果は無罪となりましたが、裁判の影響でフランスでは輸血は禁止され、次いで、イギリスでも輸血は禁止になってしまいました。

人間の血を使った輸血の歴史
世界では初めて人間の血を使った輸血が行われたのは、世界初の輸血から約150年後の1818年12月22日のこと。
イギリスの産科医であったジェームズ・ブランデルが、女性患者に夫の血を輸血したのが最初になります。
患者は元気になりましたが、後に死亡。
その後も10人の患者に輸血が行われ、生き延びたのは5人だったといわれています。

輸血が安全になったのは
血液のことがよくわかっていない時代の輸血は、副作用が伴い、死亡の危険と隣り合わせでした。
現代の輸血が安全になったのは、2つの発見があったためです。
ひとつは、1900年にカール・ラントシュタイナーがABO式血液型を発見したこと。
これにより、血液型の型の違いによって生じていた副作用や死亡事故が減りました。
もうひとつは、1914年にアルベール・ユスタンが抗凝固剤の発見をしたこと。
血液を採取すると固まってしまいますが、クエン酸ナトリウムを血液に混入することで血液が固まらないことがわかり、採取した血液を保存しておき、必要なときに輸血することができるようになったのです。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 圧力鍋の画像
    圧力鍋は短時間で料理が作れる 圧力鍋は普通の鍋に比べ、時間のかかる煮物や蒸し物などの料理が短時間で…
  2. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
  3. 風邪をひいた女性の画像
    インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」 病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「…
  1. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  2. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
  3. 目の色の画像
    人によって目(瞳)の色が違う理由 一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさ…
  4. 時計の画像
    右回りを「時計回り」、左回りを「反時計回り」と言うように、時計の針は右回りで回っています。 時計が…
  5. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
ページ上部へ戻る