赤べこはなぜ赤いのか

赤べこの画像

赤べことは
赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。
「べこ」は東北地方の方言で「牛」を意味します。
体の黒い斑点は痘を表し、天然痘除けの意味があります。
赤く塗られているのは魔除けのためですが、赤い牛になったのは次の伝説が由来といわれています。

赤べこ(赤い牛)の伝説
大同2年(807年)、徳一大師が会津地方柳津町の福満虚空蔵尊圓蔵寺に虚空蔵堂を建立しようとしたところ、大量の材木が上流の村から寄進されました。
しかし、只見川は水量が多く、材木の運搬は容易な仕事ではありませんでした。
人々が苦労していると、どこからか牛の群れが現れ、材木の運搬を手伝い始めました。
材木の運搬は牛にとっても重労働で、牛たちは次々と倒れていったのですが、赤い牛だけが最後まで働き通し、堂が完成すると姿を消しました。
虚空蔵菩薩は牛寅の守り本尊でもあるため、赤い牛が運搬を手伝ったのは、神のご加護に違いないと噂が広まり、赤べこが作られるようになったのです。

関連記事

  1. 生うなぎの画像
    うなぎや穴子の料理 うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺…
  2. 電子レンジで温める画像
    電子レンジで食品が温まる仕組み・原理 電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています…
  3. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  1. 風邪をひいた女性の画像
    インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」 病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「…
  2. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  3. 目から鱗が落ちる画像
    目から鱗が落ちるとは あることがきっかけで、急に物事が理解できるようになることをいいます。 盲目…
  4. 浅草三社祭の画像
    三社祭とは 三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、…
  5. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
ページ上部へ戻る