赤べこはなぜ赤いのか

赤べこの画像

赤べことは
赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。
「べこ」は東北地方の方言で「牛」を意味します。
体の黒い斑点は痘を表し、天然痘除けの意味があります。
赤く塗られているのは魔除けのためですが、赤い牛になったのは次の伝説が由来といわれています。

赤べこ(赤い牛)の伝説
大同2年(807年)、徳一大師が会津地方柳津町の福満虚空蔵尊圓蔵寺に虚空蔵堂を建立しようとしたところ、大量の材木が上流の村から寄進されました。
しかし、只見川は水量が多く、材木の運搬は容易な仕事ではありませんでした。
人々が苦労していると、どこからか牛の群れが現れ、材木の運搬を手伝い始めました。
材木の運搬は牛にとっても重労働で、牛たちは次々と倒れていったのですが、赤い牛だけが最後まで働き通し、堂が完成すると姿を消しました。
虚空蔵菩薩は牛寅の守り本尊でもあるため、赤い牛が運搬を手伝ったのは、神のご加護に違いないと噂が広まり、赤べこが作られるようになったのです。

関連記事

  1. 沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像
    サメの種類による理由 獰猛で危険なイメージの強いサメですが、全ての種類が肉食ではありません。 ジ…
  2. 夏の白馬大雪渓の画像
    初雪の定義 気象庁が発表する「初雪」は、新年になってから初めて降る雪ではなく、その冬に初めて降った…
  3. ジーンズのポケットの画像
    ジーンズに小さいポケットが付いている理由と正式名称 ジーンズの右前ポケットの中には、小さいポケット…
  1. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
  2. 頭にタオルを乗せ温泉に入る画像
    温泉や銭湯の湯船につかる時に頭の上にタオルを乗せるのは、置き場所がないからということも理由のひとつで…
  3. 塩をひとつまみする画像
    料理のレシピには、「少々」や「ひとつまみ」、「少量」や「ひとにぎり」など、ハッキリとした量で示されて…
  4. 梵天耳かきの画像
    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天が…
  5. 犬がお尻の臭いを嗅ぐ画像
    犬がお尻の臭いを嗅ぐ理由 犬を散歩に連れて行くと、出会った他の犬のお尻の臭いを嗅ぎます。 人間か…
ページ上部へ戻る