なぜ「虹」は虫偏なのか

虹が虫偏の理由
虹は雨あがりなどに大気中にあらわれる円弧状の帯のことで、太陽と水は関係していますが、虫は関係していません。
それなのに、漢字の「虹」に「虫」がつくのは、「虫」という漢字が蛇(ヘビ)の形を描いたもので、元々、昆虫を表した漢字ではなかったためです。

虹と蛇(虫)の関係と漢字の成り立ち
古代中国では、大蛇が天に昇って龍になると考えられていました。
虹は龍になる大蛇が天空を貫くときに空に作られるものと想像されていたため、蛇を表す虫偏に「貫く」を意味する「工」の字で「虹」という漢字ができたのです。
ちなみに、虹が出ると幸せな気分になったりしますが、古代の中国人にとって虹は不吉なものの象徴で、虹が出るとよくないことが起こると信じていたようです。


コチラもおすすめ

TOP