茶道で茶碗を回す理由

お茶をいただく画像

茶道で茶碗を回す方向や回数
茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をいただきます。
時計回りに2回というのは、2周ではなく、少しずつ動かした2回という意味で、茶碗を回した後の位置は、最初の位置から右に90度程度動いたところになります。
そして、飲み終えた後も、茶碗を回します。
このように茶道で茶碗を回すのは、作法としてしなければならない事というよりも、本来はついついしてしまう事でした。

茶道で茶碗を回す理由
茶碗は絵柄や形の最も綺麗な面が正面になります。
お茶をもてなす亭主は、茶碗の正面をお客に向けて出します。
亭主が気を配って茶碗の正面を向けてくれたのに、その最も美しい面に口をつけて飲むことは、恩知らずになってしまいます。
謙遜の意味を込め、大切な正面に口をつけるのを避けたのが、茶碗を回すという動作だったのです。
飲み終えた後に茶碗を回す理由も、亭主側に茶碗の正面が向くようにするためのものです。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  2. はしゃぐ女性たちの画像
    はしゃぐの意味 「はしゃぐ」は、調子に乗って浮かれ騒ぐことをいいます。 一部の地域では「洗濯物が…
  3. スキージャンプヒルの画像
    第1回冬季オリンピック大会の開催 第1回の冬季オリンピック大会は、1924年にフランスのシャモニー…
  1. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
  2. 言葉を話す画像
    動物の中で人間だけが言葉を話せる理由 動物の中で人間だけが言葉を話せる動物です。 人間だけが言葉…
  3. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  4. 白い鳩を出すマジシャンの画像
    マジックで白い鳩が使われる理由を書くためには、手品の種明かしが必要になりますので、手品の種を知りたく…
  5. 梵天耳かきの画像
    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天が…
ページ上部へ戻る