空と宇宙の境界はどこか

宇宙から見た日本列島の画像

空と宇宙の境界線の定義
地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが宇宙という境目となるものはなく、世界共通の明確な定義もありませんが、高度100kmから先を宇宙と呼ぶことが多いです。

高度100kmを空と宇宙の境界にする理由
高度100kmを超えると、ほとんど空気がなくなり、完全ではありませんが真空状態になるため、地球から100km上空を宇宙とすることが多いです。
国際航空連盟(FAI)では、高度100kmを「カーマン・ライン」と呼び、このラインを超えた先を宇宙と定義しています。
民間宇宙旅行でも、高度100kmを宇宙としています。

高度80kmが空と宇宙の境界線
多くの場合は、高度100kmから先を宇宙空間としていますが、アメリカ空軍では高度80kmから先を宇宙空間としています。

高度10,000kmより先を宇宙空間とする場合
地球の大気圏は、対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に分けられますが、熱圏より上の外気圏(高度は800~10,000km)にも地球の大気は存在します。
外気圏より先の高度10,000km以上になると、地球の大気はほぼなくなります。
地球の大気がなくなるところから先を宇宙空間と考えた場合、高度10,000km以上が宇宙空間となります。
しかし、この定義は大気を中心に考えた時の定義で、空と宇宙の境界に使われることはまずありません。
ちなみに、国際宇宙ステーションは、約400km上空の熱圏を飛んでいます。

関連記事

  1. 三毛猫の画像
    三毛猫のオスが生まれる確率 白・黒・茶の毛色をした三毛猫の性別は基本的にメスですが、ごく稀にオスの…
  2. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
  3. 精子の3D画像
    精子を数える時の単位 精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子…
  1. 犬がお尻の臭いを嗅ぐ画像
    犬がお尻の臭いを嗅ぐ理由 犬を散歩に連れて行くと、出会った他の犬のお尻の臭いを嗅ぎます。 人間か…
  2. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  3. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  4. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  5. Xmasの画像
    なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか クリスマスの英語表記「Christmas」は、…
ページ上部へ戻る