空と宇宙の境界はどこか

宇宙から見た日本列島の画像

空と宇宙の境界線の定義
地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが宇宙という境目となるものはなく、世界共通の明確な定義もありませんが、高度100kmから先を宇宙と呼ぶことが多いです。

高度100kmを空と宇宙の境界にする理由
高度100kmを超えると、ほとんど空気がなくなり、完全ではありませんが真空状態になるため、地球から100km上空を宇宙とすることが多いです。
国際航空連盟(FAI)では、高度100kmを「カーマン・ライン」と呼び、このラインを超えた先を宇宙と定義しています。
民間宇宙旅行でも、高度100kmを宇宙としています。

高度80kmが空と宇宙の境界線
多くの場合は、高度100kmから先を宇宙空間としていますが、アメリカ空軍では高度80kmから先を宇宙空間としています。

高度10,000kmより先を宇宙空間とする場合
地球の大気圏は、対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に分けられますが、熱圏より上の外気圏(高度は800~10,000km)にも地球の大気は存在します。
外気圏より先の高度10,000km以上になると、地球の大気はほぼなくなります。
地球の大気がなくなるところから先を宇宙空間と考えた場合、高度10,000km以上が宇宙空間となります。
しかし、この定義は大気を中心に考えた時の定義で、空と宇宙の境界に使われることはまずありません。
ちなみに、国際宇宙ステーションは、約400km上空の熱圏を飛んでいます。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. レンコンの穴の画像
    レンコンに穴があいている理由 レンコンは漢字で「蓮根」と書くため、ハスの根だと思われがちですが、レ…
  2. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  3. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  1. 緑色の葉っぱの画像
    木の葉や草が緑色になる理由 木の葉や草が緑色になるのは、葉緑素(クロロフィル)という緑色の色素が含…
  2. 沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像
    サメの種類による理由 獰猛で危険なイメージの強いサメですが、全ての種類が肉食ではありません。 ジ…
  3. 三毛猫の画像
    三毛猫のオスが生まれる確率 白・黒・茶の毛色をした三毛猫の性別は基本的にメスですが、ごく稀にオスの…
  4. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  5. 緑色の黒板の画像
    どうして緑色なのに黒板というのか 学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学…
ページ上部へ戻る