目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

目の色の画像

人によって目(瞳)の色が違う理由
一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさい)」という部分の色のことです。
虹彩の色はメラニン色素の量によって決まり、メラニン色素の量が多いと目の色は黒っぽくなり、少ないと緑色や青色になります。
メラニンは、太陽光線に含まれる有害な紫外線から身体を守ってくれる役割をする色素です。
太陽光が強い国では、紫外線から守るためにメラニン色素が多く蓄積されるため、目の色は黒に近い茶色になり、太陽光が弱い国では、メラニン色素が蓄積されにくいため、緑色や青色になるといわれています。

目の色が違うと目に入る光量も違う
虹彩は目に入ってくる光の量を調整するため、目の色が濃い方が光を通しにくく、薄い色の方が光を通しやすくなります。
そのため、目の色が濃い日本人にとってはそれほど眩しくないところでも、目の色が薄い西洋人にとっては眩しく感じます。

目の色の違いで色の見え方も違う
明度を変えただけの画像でも、違う色の画像に見えるのと同じことで、目の色(目に入る光量)が違えば、多少の違いですが同じ色でも違って見えます。
目の色が青色であれば、青いサングラスをかけて見るのと同じ状態で、青系の色は同化して見えにくくなりますが、赤色などは際立って見えます。

関連記事

  1. JR板橋駅西口(板橋口)の画像
    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正…
  2. 美人画像
    美人になることは難しくない 女性は美人になるために、食事に気をつかったり、スキンケアや化粧品にお金…
  3. 緑色の葉っぱの画像
    木の葉や草が緑色になる理由 木の葉や草が緑色になるのは、葉緑素(クロロフィル)という緑色の色素が含…
  1. トウモロコシのひげの画像
    トウモロコシのひげの正体 皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。 …
  2. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  3. 緑色の黒板の画像
    どうして緑色なのに黒板というのか 学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学…
  4. 精子の3D画像
    精子を数える時の単位 精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子…
  5. 圧力鍋の画像
    圧力鍋は短時間で料理が作れる 圧力鍋は普通の鍋に比べ、時間のかかる煮物や蒸し物などの料理が短時間で…
ページ上部へ戻る