目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

目の色の画像

人によって目(瞳)の色が違う理由
一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさい)」という部分の色のことです。
虹彩の色はメラニン色素の量によって決まり、メラニン色素の量が多いと目の色は黒っぽくなり、少ないと緑色や青色になります。
メラニンは、太陽光線に含まれる有害な紫外線から身体を守ってくれる役割をする色素です。
太陽光が強い国では、紫外線から守るためにメラニン色素が多く蓄積されるため、目の色は黒に近い茶色になり、太陽光が弱い国では、メラニン色素が蓄積されにくいため、緑色や青色になるといわれています。

目の色が違うと目に入る光量も違う
虹彩は目に入ってくる光の量を調整するため、目の色が濃い方が光を通しにくく、薄い色の方が光を通しやすくなります。
そのため、目の色が濃い日本人にとってはそれほど眩しくないところでも、目の色が薄い西洋人にとっては眩しく感じます。

目の色の違いで色の見え方も違う
明度を変えただけの画像でも、違う色の画像に見えるのと同じことで、目の色(目に入る光量)が違えば、多少の違いですが同じ色でも違って見えます。
目の色が青色であれば、青いサングラスをかけて見るのと同じ状態で、青系の色は同化して見えにくくなりますが、赤色などは際立って見えます。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 安全第一と十字の画像
    安全第一の続き 工事現場や建設現場、工場などには「安全第一」というスローガン(標語)が掲げられてい…
  2. iPS細胞の画像
    iPS細胞の「iPS」は何の略か 2006年に京都大学の山中伸弥教授のグループは、iPS細胞の開発…
  3. 沖縄の道路の画像
    沖縄の道路は雨の日に限らず、路面が乾燥している晴れの日でも滑りやすいので注意が必要です。 沖縄…
  1. 三毛猫の画像
    三毛猫のオスが生まれる確率 白・黒・茶の毛色をした三毛猫の性別は基本的にメスですが、ごく稀にオスの…
  2. 夏の白馬大雪渓の画像
    初雪の定義 気象庁が発表する「初雪」は、新年になってから初めて降る雪ではなく、その冬に初めて降った…
  3. 緑色の葉っぱの画像
    木の葉や草が緑色になる理由 木の葉や草が緑色になるのは、葉緑素(クロロフィル)という緑色の色素が含…
  4. 犬がお尻の臭いを嗅ぐ画像
    犬がお尻の臭いを嗅ぐ理由 犬を散歩に連れて行くと、出会った他の犬のお尻の臭いを嗅ぎます。 人間か…
  5. Xmasの画像
    なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか クリスマスの英語表記「Christmas」は、…
ページ上部へ戻る