目から鱗が落ちる動物

目から鱗が落ちる画像

目から鱗が落ちるとは
あることがきっかけで、急に物事が理解できるようになることをいいます。
盲目になった男性がキリストの奇跡によって目が見えるようになり、「まるで目から鱗が落ちたようだ」と言ったという、『新約聖書』の逸話が転じた言葉です。

目から鱗が落ちる動物とは
目から鱗が落ちるの語源となった盲目の男性は、比喩として「まるで目から鱗が落ちたようだ」と言ってるだけで、実際に人間の目から鱗が落ちることはありません。
しかし、人間ではなく、ヘビであれば目から鱗が落ちるといわれます。
まぶたがないヘビは、まぶたの代わりにコンタクトレンズのような透明の鱗で目を保護しています。
ヘビは脱皮して鱗を落とします。
目を保護している鱗も落ちるため、目から鱗が落ちる動物はヘビという訳です。
ただし、蛇は全身の鱗を丸ごと脱いでいますので、目から鱗がポロリと落ちるわけではありません。

関連記事

  1. 頭にタオルを乗せ温泉に入る画像
    温泉や銭湯の湯船につかる時に頭の上にタオルを乗せるのは、置き場所がないからということも理由のひとつで…
  2. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  3. 風邪をひいた女性の画像
    インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」 病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「…
  1. 白い鳩を出すマジシャンの画像
    マジックで白い鳩が使われる理由を書くためには、手品の種明かしが必要になりますので、手品の種を知りたく…
  2. 宝くじ売り場の画像
    宝くじの前後賞とは 宝くじの前後賞は、1等の当選番号と同じ組番号で末尾の数字が1つ違いのものです。…
  3. iPS細胞の画像
    iPS細胞の「iPS」は何の略か 2006年に京都大学の山中伸弥教授のグループは、iPS細胞の開発…
  4. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  5. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
ページ上部へ戻る