牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

ホットミルクを飲む画像

牛乳を温めると膜が張る現象の名前
鍋や電子レンジで牛乳を温めた時に表面に膜ができる現象を「ラムスデン現象」といいます。
このラムスデン現象を利用した食べ物には、豆乳を温めて作る湯葉があります。

牛乳を温めると膜ができる理由
牛乳を過熱すると表面の水分が蒸発し、表面部分が濃縮され、牛乳に含まれるタンパク質が熱で変性して固まり始めます。
その周辺にある脂肪や乳糖が固まり始めたタンパク質に絡み合うことで、牛乳の表面に膜ができます。
できた膜は口当たりが悪いので捨てられやすいですが、大切な栄養が含まれているため、健康のためには捨てずに食べた方が良いです。
どうしても膜が苦手な人は、少し手間はかかりますが膜が張らないよう牛乳を温めると良いでしょう。

牛乳の膜を張らないようにする方法
牛乳を温める温度が高ければ高いほど、表面の水分が蒸発しやすくなり、膜もできやすくなりますから、沸騰させず、表面の温度と底の温度をなるべく均一にすることがポイントになります。
鍋で牛乳を温める場合は、中火で沸騰させないようにし、底からかき混ぜながら温めると膜はできにくくなります。
電子レンジで牛乳を温める場合は、温める時間を2回に分け、1回目の温めが終わったら取り出し、かき混ぜてから、もう一度温めることで膜ができにくくなります。
また、脂肪分が多い牛乳ほど膜ができ始める温度は低くなるため、脂肪分が少ない牛乳にすると膜はできにくくなります。

関連記事

  1. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  2. 星が瞬く画像
    星が瞬く理由 夜空を眺めていると、星がキラキラと瞬いています。 しかし、実際は星が明るさを変えて…
  3. 安全第一と十字の画像
    安全第一の続き 工事現場や建設現場、工場などには「安全第一」というスローガン(標語)が掲げられてい…
  1. 電子レンジで温める画像
    電子レンジで食品が温まる仕組み・原理 電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています…
  2. 数学記号の画像
    算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中に…
  3. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  4. 精子の3D画像
    精子を数える時の単位 精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子…
  5. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
ページ上部へ戻る