煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘

人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根あるとされていて、まず6通りの煩悩があります。 眼・耳・鼻・舌は、見る・聞く・嗅ぐ・味わうことで、身は触れることを感知する … 続きを読む 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘