煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘

除夜の鐘の画像

人間の煩悩の数が108個という由来
仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根あるとされていて、まず6通りの煩悩があります。
眼・耳・鼻・舌は、見る・聞く・嗅ぐ・味わうことで、身は触れることを感知する器官、意は仏法を理解する器官を意味します。
この器官には、好・悪・平の3種類あるため、煩悩の数は6×3で18通り。
18の煩悩には、浄(きれい)と染(きたない)の2種類あるため、18×2で36通り。
36の煩悩は、前世・現世・来世の三世にわたって人を悩ませることから、煩悩の数は36×3で108個になるというわけです。
この六根説が最も有名ですが、これ以外にも、古代インドでは「108」という数を「とても多い」という意味で使っていたため、そこから煩悩の数が108になったという説など、多くの説があります。

除夜の鐘の108回と煩悩の数108個との関係
除夜の鐘は、寺によってつく回数は様々ですが、多くの寺で108回つかれます。
108回つくお寺では、107回を大晦日(12月31日)につき、残りの1回を元日(1月1日)につくところが多いです。
除夜の鐘が108回になった理由は、一般的には人間の持つ108個の煩悩を取り除くためといわれています。
また、月の数の12、二十四節気の24、七十二候の72を足した数が108なので、108回は1年間を表すという説もあります。

四苦八苦との関係
煩悩の数の108や、除夜の鐘の数の108は、「四苦八苦」に関係しているといわれることがあります。
これは、四苦が4×9で36、八苦が8×9で72になり、36+72で108になることからです。
しかし、四苦八苦を「4×9」と「8×9」に分けるのは、ただの言葉遊びです。
そこから計算して出された108という数が、煩悩の数や除夜の鐘の回数と関係していることはありません。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 電話と電卓の画像
    電話と電話のテンキー(数字)の並び順 電卓のテンキーの配列は、下から上に向かって「0」、「1」「2…
  2. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  3. 運動会の綱引きの画像
    綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源 運動会などで綱引きをする時の掛け声には、「よいしょ」や「せ…
  1. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  2. 鶏と卵の画像
    鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない 国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年…
  3. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  4. 生うなぎの画像
    うなぎや穴子の料理 うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺…
  5. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
ページ上部へ戻る