煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘

除夜の鐘の画像

人間の煩悩の数が108個という由来
仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根あるとされていて、まず6通りの煩悩があります。
眼・耳・鼻・舌は、見る・聞く・嗅ぐ・味わうことで、身は触れることを感知する器官、意は仏法を理解する器官を意味します。
この器官には、好・悪・平の3種類あるため、煩悩の数は6×3で18通り。
18の煩悩には、浄(きれい)と染(きたない)の2種類あるため、18×2で36通り。
36の煩悩は、前世・現世・来世の三世にわたって人を悩ませることから、煩悩の数は36×3で108個になるというわけです。
この六根説が最も有名ですが、これ以外にも、古代インドでは「108」という数を「とても多い」という意味で使っていたため、そこから煩悩の数が108になったという説など、多くの説があります。

除夜の鐘の108回と煩悩の数108個との関係
除夜の鐘は、寺によってつく回数は様々ですが、多くの寺で108回つかれます。
108回つくお寺では、107回を大晦日(12月31日)につき、残りの1回を元日(1月1日)につくところが多いです。
除夜の鐘が108回になった理由は、一般的には人間の持つ108個の煩悩を取り除くためといわれています。
また、月の数の12、二十四節気の24、七十二候の72を足した数が108なので、108回は1年間を表すという説もあります。

四苦八苦との関係
煩悩の数の108や、除夜の鐘の数の108は、「四苦八苦」に関係しているといわれることがあります。
これは、四苦が4×9で36、八苦が8×9で72になり、36+72で108になることからです。
しかし、四苦八苦を「4×9」と「8×9」に分けるのは、ただの言葉遊びです。
そこから計算して出された108という数が、煩悩の数や除夜の鐘の回数と関係していることはありません。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. ゼロの画像
    奇数と偶数の定義 1・3・5・7・9など2で割り切れない整数を奇数といい、2・4・6・8・10など…
  2. 忙しい人の画像
    「せわしい」と「せわしない」の意味 「せわしい」は漢字で「忙しい」、「せわしない」は漢字で「忙しな…
  3. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  1. 緑色の葉っぱの画像
    木の葉や草が緑色になる理由 木の葉や草が緑色になるのは、葉緑素(クロロフィル)という緑色の色素が含…
  2. 除夜の鐘の画像
    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根…
  3. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
  4. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
  5. 三毛猫の画像
    三毛猫のオスが生まれる確率 白・黒・茶の毛色をした三毛猫の性別は基本的にメスですが、ごく稀にオスの…
ページ上部へ戻る