煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘

除夜の鐘の画像

人間の煩悩の数が108個という由来
仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根あるとされていて、まず6通りの煩悩があります。
眼・耳・鼻・舌は、見る・聞く・嗅ぐ・味わうことで、身は触れることを感知する器官、意は仏法を理解する器官を意味します。
この器官には、好・悪・平の3種類あるため、煩悩の数は6×3で18通り。
18の煩悩には、浄(きれい)と染(きたない)の2種類あるため、18×2で36通り。
36の煩悩は、前世・現世・来世の三世にわたって人を悩ませることから、煩悩の数は36×3で108個になるというわけです。
この六根説が最も有名ですが、これ以外にも、古代インドでは「108」という数を「とても多い」という意味で使っていたため、そこから煩悩の数が108になったという説など、多くの説があります。

除夜の鐘の108回と煩悩の数108個との関係
除夜の鐘は、寺によってつく回数は様々ですが、多くの寺で108回つかれます。
108回つくお寺では、107回を大晦日(12月31日)につき、残りの1回を元日(1月1日)につくところが多いです。
除夜の鐘が108回になった理由は、一般的には人間の持つ108個の煩悩を取り除くためといわれています。
また、月の数の12、二十四節気の24、七十二候の72を足した数が108なので、108回は1年間を表すという説もあります。

四苦八苦との関係
煩悩の数の108や、除夜の鐘の数の108は、「四苦八苦」に関係しているといわれることがあります。
これは、四苦が4×9で36、八苦が8×9で72になり、36+72で108になることからです。
しかし、四苦八苦を「4×9」と「8×9」に分けるのは、ただの言葉遊びです。
そこから計算して出された108という数が、煩悩の数や除夜の鐘の回数と関係していることはありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
  2. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
  3. 精子の3D画像
    精子を数える時の単位 精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子…
  1. 七福神宝船の画像
    七福神とは 七福神は、日本で福をもたらす神として信仰される、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天(弁財…
  2. 沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像
    サメの種類による理由 獰猛で危険なイメージの強いサメですが、全ての種類が肉食ではありません。 ジ…
  3. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
  4. 沖縄の道路の画像
    沖縄の道路は雨の日に限らず、路面が乾燥している晴れの日でも滑りやすいので注意が必要です。 沖縄…
  5. 運動会の綱引きの画像
    綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源 運動会などで綱引きをする時の掛け声には、「よいしょ」や「せ…
ページ上部へ戻る