なぜ浅草神社の祭を三社祭というのか

浅草三社祭の画像

三社祭とは
三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、正式名称を「浅草神社例大祭」といいます。

浅草神社例大祭を三社祭と呼ぶ理由
浅草神社の祭が「三社祭」と呼ばれるのは、浅草寺と浅草神社の歴史に関係しています。
推古天皇の36年(628)、現在の隅田川河口あたりで、漁師の檜前浜成(ひのくまはまなり)と竹成(たけなり)の兄弟が漁をしていたところ、一寸八分(約4.8センチメートル)の観音菩薩像が網にかかりました。
兄弟が地元の識者である土師中知(はじのなかとも)にその像を見てもらったところ、聖観世音菩薩像であることが判明しました。
その後、土師氏は剃髪して僧となり、自邸に堂舎を構えて寺にし、兄弟が見つけた観音像を安置したのが浅草寺の始まりです。
平安時代末期、浅草寺の創始者である土師氏の末裔が寝ていたところ、夢で「浅草発展に寄与した功労者である3人を浅草寺の傍らに神様として祀りなさい」と観音様からのお告げを受けました。
そのお告げ通り、檜前兄弟と土師氏の3人を祀った神社が浅草神社で、明治6年(1873)に改称するまでは「三社大権現社」といいました。
つまり、「三社」とは、浅草発展の功労者である檜前兄弟と土師氏の3人のことだったのです。

関連記事

  1. 目から鱗が落ちる画像
    目から鱗が落ちるとは あることがきっかけで、急に物事が理解できるようになることをいいます。 盲目…
  2. 両国国技館の画像
    両国国技館の住所 大相撲の聖地である両国国技館の住所は、東京都墨田区横網町1丁目3番28号。 相…
  3. 白い雪の画像
    雪は白いのか コードギアスに「雪がどうして白いか知っているか?自分がどんな色だったか忘れてしまった…
  1. 梵天耳かきの画像
    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天が…
  2. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  3. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  4. 鶏と卵の画像
    鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない 国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年…
  5. 単車の画像
    オートバイは二輪車なのに「単車」 オートバイ(スクーターを含む)のことを通称「単車」といいます。 …
ページ上部へ戻る