なぜ浅草神社の祭を三社祭というのか

浅草三社祭の画像

三社祭とは
三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、正式名称を「浅草神社例大祭」といいます。

浅草神社例大祭を三社祭と呼ぶ理由
浅草神社の祭が「三社祭」と呼ばれるのは、浅草寺と浅草神社の歴史に関係しています。
推古天皇の36年(628)、現在の隅田川河口あたりで、漁師の檜前浜成(ひのくまはまなり)と竹成(たけなり)の兄弟が漁をしていたところ、一寸八分(約4.8センチメートル)の観音菩薩像が網にかかりました。
兄弟が地元の識者である土師中知(はじのなかとも)にその像を見てもらったところ、聖観世音菩薩像であることが判明しました。
その後、土師氏は剃髪して僧となり、自邸に堂舎を構えて寺にし、兄弟が見つけた観音像を安置したのが浅草寺の始まりです。
平安時代末期、浅草寺の創始者である土師氏の末裔が寝ていたところ、夢で「浅草発展に寄与した功労者である3人を浅草寺の傍らに神様として祀りなさい」と観音様からのお告げを受けました。
そのお告げ通り、檜前兄弟と土師氏の3人を祀った神社が浅草神社で、明治6年(1873)に改称するまでは「三社大権現社」といいました。
つまり、「三社」とは、浅草発展の功労者である檜前兄弟と土師氏の3人のことだったのです。

関連記事

  1. 宇宙から見た日本列島の画像
    空と宇宙の境界線の定義 地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが…
  2. ティッシュで鼻をかむ画像
    かなり多くの人が、鼻をかんだ後にティッシュを開いて中身を見ています。 自分はしないと思っている人で…
  3. サンタクロースを見つける画像
    NORADのサンタ追跡 アメリカ合衆国とカナダが共同で運営する連合防衛組織「NORAD(北アメリカ…
  1. 電話と電卓の画像
    電話と電話のテンキー(数字)の並び順 電卓のテンキーの配列は、下から上に向かって「0」、「1」「2…
  2. スキージャンプヒルの画像
    第1回冬季オリンピック大会の開催 第1回の冬季オリンピック大会は、1924年にフランスのシャモニー…
  3. トウモロコシのひげの画像
    トウモロコシのひげの正体 皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。 …
  4. 虹の画像
    虹が虫偏の理由 虹は雨あがりなどに大気中にあらわれる円弧状の帯のことで、太陽と水は関係していますが…
  5. JR板橋駅西口(板橋口)の画像
    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正…
ページ上部へ戻る