なぜ浅草神社の祭を三社祭というのか

浅草三社祭の画像

三社祭とは
三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、正式名称を「浅草神社例大祭」といいます。

浅草神社例大祭を三社祭と呼ぶ理由
浅草神社の祭が「三社祭」と呼ばれるのは、浅草寺と浅草神社の歴史に関係しています。
推古天皇の36年(628)、現在の隅田川河口あたりで、漁師の檜前浜成(ひのくまはまなり)と竹成(たけなり)の兄弟が漁をしていたところ、一寸八分(約4.8センチメートル)の観音菩薩像が網にかかりました。
兄弟が地元の識者である土師中知(はじのなかとも)にその像を見てもらったところ、聖観世音菩薩像であることが判明しました。
その後、土師氏は剃髪して僧となり、自邸に堂舎を構えて寺にし、兄弟が見つけた観音像を安置したのが浅草寺の始まりです。
平安時代末期、浅草寺の創始者である土師氏の末裔が寝ていたところ、夢で「浅草発展に寄与した功労者である3人を浅草寺の傍らに神様として祀りなさい」と観音様からのお告げを受けました。
そのお告げ通り、檜前兄弟と土師氏の3人を祀った神社が浅草神社で、明治6年(1873)に改称するまでは「三社大権現社」といいました。
つまり、「三社」とは、浅草発展の功労者である檜前兄弟と土師氏の3人のことだったのです。

関連記事

  1. 犬がお尻の臭いを嗅ぐ画像
    犬がお尻の臭いを嗅ぐ理由 犬を散歩に連れて行くと、出会った他の犬のお尻の臭いを嗅ぎます。 人間か…
  2. 黒船サスケハナの画像
    黒船来航と「黒船」という言葉 嘉永6年(1853年)6月3日、マシュー・ペリー率いるアメリカ合衆国…
  3. 数の子の画像
    数の子とは 数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。 数の子を「数の多い子」と子孫繁栄…
  1. すくすく伸びるたけのこの画像
    たけのこの成長スピード 竹の若芽であるたけのこの成長スピードは、地表に顔を出す頃は1日数センチメー…
  2. 白い鳩を出すマジシャンの画像
    マジックで白い鳩が使われる理由を書くためには、手品の種明かしが必要になりますので、手品の種を知りたく…
  3. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  4. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
  5. 2月29日生まれの画像
    2月29日生まれの平年の誕生日 うるう日の2月29日に生まれた人は、うるう年にしか誕生日が訪れない…
ページ上部へ戻る