梵天耳かきの「梵天」の由来

梵天耳かきの画像

梵天耳かきとは
耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天がついた耳かきを「梵天耳かき」と呼びます。
梵天はカモやアヒルなどの水鳥の羽毛を束ねて接着したもので、耳掃除の仕上げに、耳の穴に差し入れ、細かい垢を拭うために使われます。

梵天とは
梵天は古代インドのヒンドゥー教で、世界の創造主や宇宙の原理を神格化したものを意味し、仏教では守護神の一神を「梵天」と呼びます。
しかし、耳かきについている白いフワフワした羽毛が、この梵天に直接関係しているわけではありません。
大きくて丸い物に「梵天」と名付けられるようになり、その名付けられたものに由来して、耳かきの白いフワフワを「梵天」と呼ぶようになったのです。

梵天耳かきの由来となったもの
梵天耳かきの「梵天」の由来には諸説ありますが、最も有力とされているのは修験者が着用する梵天袈裟(ぼんてんげさ)です。梵天袈裟の画像
梵天袈裟には綿帽子状のふわっとした房が左右に2つずつあり、形状・材質・肌触りなどが似ていることから、耳かきのフワフワした白い羽毛も「梵天」と呼ぶようになったというものです。
このほか、棒の先に白布を取りつけた祈祷に用いる大形の御幣の「梵天」とからという説や、延縄や刺し網などの漁業で所在を示す浮標の「梵天」からといった説もありますが、形状こそ似ていますが、材質や肌触りは全く異なります。

関連記事

  1. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  2. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  3. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  1. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  2. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  3. 数学記号の画像
    算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中に…
  4. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  5. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
ページ上部へ戻る