時計が右回りの理由

時計の画像

右回りを「時計回り」、左回りを「反時計回り」と言うように、時計の針は右回りで回っています。
時計が右回りになったのは、時計の起源に関係しています。

時計の起源と右回りになった理由
世界最古の時計は、古代エジプトの日時計といわれています。
日時計は、地面に木や石や棒を垂直に立て、太陽の光を受けてできる棒の影の位置や長さから、時刻を把握するものです。
太陽は東から昇り、西へ沈みますから、日時計の棒の影は右回りで動きます。
機械式の時計は日時計を元に作られたため、右回りになったといわれています。

南半球でも時計が右回りの理由
北半球では棒の影が右回りですが、南半球では日時計の影は逆の左回りになります。
左回りの南半球でも右回りの時計が使われているのは、機械式の時計は北半球で作られ、右回りの時計が一気に普及したためです。

右回りになったもうひとつの理由
時計が右回りになったもうひとつの理由として、右利きの人が多いことも考えられています。
右利きの人は右に回す力が強く、ネジやゼンマイなど、回して使うものは右回りの方が都合がよいのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  2. ドーナツを食べる画像
    別腹が作られるメカニズム 脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。 …
  3. 宇宙から見た日本列島の画像
    空と宇宙の境界線の定義 地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが…
  1. レンコンの穴の画像
  2. ジーンズのポケットの画像
  3. 夏の白馬大雪渓の画像
  4. 深いスリットの入ったチャイナドレス画像
  5. 宇宙から見た日本列島の画像
ページ上部へ戻る