数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形の由来

数学記号の画像

算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中にははっきりとした形の由来が分かっていないものもあります。

+(プラス記号)と-(マイナス記号)の由来
15世紀初頭のヨーロッパでは、一般的にプラスに「P」、マイナスに「M」の文字が使われていました。
「+」と「-」が記号として記されたのは、ドイツのヨハネス・ウィッドマンによる1489年の書籍が最初で、加算・減算という計算記号として初めて使ったのは、1514年、オランダのファンデル・フッケです。
「+」の記号は、「および」を意味するラテン語の「et」を速く書いているうちに崩れたものといわれています。
ラテン語の「et」を合成してできた記号には、「&(アンパサンド)」もあります。
「-」の記号は、「m」の文字の省略か、「m」の上に書かれたチルダから派生したものといわれていますが、はっきりと分かっていません。
その他、「-」の記号は、船乗りが樽に入れた水をどこまで使ったか目安にした横線に由来するもので、水を補充した時には「-」に縦線を入れて「+」としたのが、「+」の記号の始まりという説もありますが、有力視されていません。

×(乗算記号)の由来
「×」の記号が初めて使われたのは、ウィリアム・オートレッドの著書『数学の鍵』(1631年)です。
「×」の記号は、キリスト教の十字架を模した、斜め十字の聖アンデレ十字に由来するといわれています。

÷(除算記号)の由来
「÷」の記号は、15世紀初頭には半分を表す記号として使われていましたが、数学の記号としては、スイスのヨハン・ハインリッヒ・ラーンが『Teutsche Algebra』(1659年)で発表したものが最初となります。
「÷」の記号の形は、分数を計算する際の表記を抽象化したもので、横棒の上下の点は分子と分母を表しています。

=(等号・イコール)の由来
「=」の記号は、イギリスのロバート・レコードが『知恵の砥石』の中で使用したのが最初です。
「=」の形は平行線を表したもので、レコードは「=」を用いた理由として、「2本の平行線ほど世の中に等しいものは存在しない」と言ってます。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
  2. 女性の膝裏の画像
    膝の前面の名前 膝の前面の出っ張った部分は、一般には「膝頭(ひざがしら)」や「膝小僧(ひざこぞう)…
  3. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  1. 沖縄の道路の画像
    沖縄の道路は雨の日に限らず、路面が乾燥している晴れの日でも滑りやすいので注意が必要です。 沖縄…
  2. ブタの画像
    豚の体脂肪率 豚は丸く太ったイメージがあるため、肥満の人を「ブタ」と呼んだりしますが、野生の豚の体…
  3. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  4. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
  5. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
ページ上部へ戻る