数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形の由来

数学記号の画像

算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中にははっきりとした形の由来が分かっていないものもあります。

+(プラス記号)と-(マイナス記号)の由来
15世紀初頭のヨーロッパでは、一般的にプラスに「P」、マイナスに「M」の文字が使われていました。
「+」と「-」が記号として記されたのは、ドイツのヨハネス・ウィッドマンによる1489年の書籍が最初で、加算・減算という計算記号として初めて使ったのは、1514年、オランダのファンデル・フッケです。
「+」の記号は、「および」を意味するラテン語の「et」を速く書いているうちに崩れたものといわれています。
ラテン語の「et」を合成してできた記号には、「&(アンパサンド)」もあります。
「-」の記号は、「m」の文字の省略か、「m」の上に書かれたチルダから派生したものといわれていますが、はっきりと分かっていません。
その他、「-」の記号は、船乗りが樽に入れた水をどこまで使ったか目安にした横線に由来するもので、水を補充した時には「-」に縦線を入れて「+」としたのが、「+」の記号の始まりという説もありますが、有力視されていません。

×(乗算記号)の由来
「×」の記号が初めて使われたのは、ウィリアム・オートレッドの著書『数学の鍵』(1631年)です。
「×」の記号は、キリスト教の十字架を模した、斜め十字の聖アンデレ十字に由来するといわれています。

÷(除算記号)の由来
「÷」の記号は、15世紀初頭には半分を表す記号として使われていましたが、数学の記号としては、スイスのヨハン・ハインリッヒ・ラーンが『Teutsche Algebra』(1659年)で発表したものが最初となります。
「÷」の記号の形は、分数を計算する際の表記を抽象化したもので、横棒の上下の点は分子と分母を表しています。

=(等号・イコール)の由来
「=」の記号は、イギリスのロバート・レコードが『知恵の砥石』の中で使用したのが最初です。
「=」の形は平行線を表したもので、レコードは「=」を用いた理由として、「2本の平行線ほど世の中に等しいものは存在しない」と言ってます。

【人気記事】

関連記事

  1. 風邪をひいた女性の画像
    インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」 病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「…
  2. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  3. 忙しい人の画像
    「せわしい」と「せわしない」の意味 「せわしい」は漢字で「忙しい」、「せわしない」は漢字で「忙しな…
  1. 精子の3D画像
    精子を数える時の単位 精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子…
  2. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
  3. 電子レンジで温める画像
    電子レンジで食品が温まる仕組み・原理 電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています…
  4. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  5. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
ページ上部へ戻る