数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形の由来

数学記号の画像

算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中にははっきりとした形の由来が分かっていないものもあります。

+(プラス記号)と-(マイナス記号)の由来
15世紀初頭のヨーロッパでは、一般的にプラスに「P」、マイナスに「M」の文字が使われていました。
「+」と「-」が記号として記されたのは、ドイツのヨハネス・ウィッドマンによる1489年の書籍が最初で、加算・減算という計算記号として初めて使ったのは、1514年、オランダのファンデル・フッケです。
「+」の記号は、「および」を意味するラテン語の「et」を速く書いているうちに崩れたものといわれています。
ラテン語の「et」を合成してできた記号には、「&(アンパサンド)」もあります。
「-」の記号は、「m」の文字の省略か、「m」の上に書かれたチルダから派生したものといわれていますが、はっきりと分かっていません。
その他、「-」の記号は、船乗りが樽に入れた水をどこまで使ったか目安にした横線に由来するもので、水を補充した時には「-」に縦線を入れて「+」としたのが、「+」の記号の始まりという説もありますが、有力視されていません。

×(乗算記号)の由来
「×」の記号が初めて使われたのは、ウィリアム・オートレッドの著書『数学の鍵』(1631年)です。
「×」の記号は、キリスト教の十字架を模した、斜め十字の聖アンデレ十字に由来するといわれています。

÷(除算記号)の由来
「÷」の記号は、15世紀初頭には半分を表す記号として使われていましたが、数学の記号としては、スイスのヨハン・ハインリッヒ・ラーンが『Teutsche Algebra』(1659年)で発表したものが最初となります。
「÷」の記号の形は、分数を計算する際の表記を抽象化したもので、横棒の上下の点は分子と分母を表しています。

=(等号・イコール)の由来
「=」の記号は、イギリスのロバート・レコードが『知恵の砥石』の中で使用したのが最初です。
「=」の形は平行線を表したもので、レコードは「=」を用いた理由として、「2本の平行線ほど世の中に等しいものは存在しない」と言ってます。

関連記事

  1. 除夜の鐘の画像
    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根…
  2. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  3. ホットミルクを飲む画像
    牛乳を温めると膜が張る現象の名前 鍋や電子レンジで牛乳を温めた時に表面に膜ができる現象を「ラムスデ…
  1. 初夢の画像
    昔の初夢は節分の夜 「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、…
  2. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  3. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  4. ティッシュで鼻をかむ画像
    かなり多くの人が、鼻をかんだ後にティッシュを開いて中身を見ています。 自分はしないと思っている人で…
  5. 圧力鍋の画像
    圧力鍋は短時間で料理が作れる 圧力鍋は普通の鍋に比べ、時間のかかる煮物や蒸し物などの料理が短時間で…
ページ上部へ戻る