ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

数の子の画像

数の子とは
数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。
数の子を「数の多い子」と子孫繁栄の意味に捉えて、おせち料理や婚礼の祝儀などに用いられます。

「にしんこ」ではなく「数の子」という理由
数の子の語源が、単純に「数の多い子」の意味からとすれば、「たらこ」や「とびこ(とびっこ)」も「数の子」になってしまいます。
しかし、「たらこ」は「タラの子」、「とびこ」は「トビウオの子」からで、魚の名前に「子」を付けた呼称になっています。
それならば、ニシンの卵は「にしんこ」になるはずですが、「数の子」と呼びます。
実は、数の子も同じように魚の名前に「子」を付けた呼称で、ニシンの方言が変化したものなのです。
北海道や東北地方では、ニシンを「カド」と呼び、ニシンの卵巣を「かどのこ(子)」と呼んでいました。
そこに卵の数の多さも加わって、「かどのこ」を漢字で「数の子(数子)」と書くようになり、読み方も「かずのこ」に変化したのです。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 除夜の鐘の画像
    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根…
  2. 頭にタオルを乗せ温泉に入る画像
    温泉や銭湯の湯船につかる時に頭の上にタオルを乗せるのは、置き場所がないからということも理由のひとつで…
  3. 鶴亀の画像
    鶴は千年亀は万年 鶴と亀は縁起の良い生き物で、長寿の象徴となっていることから、長寿やめでたいことを…
  1. 深いスリットの入ったチャイナドレス画像
    チャイナドレスにスリット(切れ目)が入っている理由 チャイナドレスは、中国清朝時代の満州族の伝統服…
  2. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  3. 沖縄の道路の画像
    沖縄の道路は雨の日に限らず、路面が乾燥している晴れの日でも滑りやすいので注意が必要です。 沖縄…
  4. 塩をひとつまみする画像
    料理のレシピには、「少々」や「ひとつまみ」、「少量」や「ひとにぎり」など、ハッキリとした量で示されて…
  5. 鶏と卵の画像
    鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない 国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年…
ページ上部へ戻る