甘いものは別腹の仕組み

ドーナツを食べる画像

別腹が作られるメカニズム
脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。
このオレキシンが、別腹を作る元になっています。
食事をしていくら満腹になっていても、好きな食べ物を見ると、脳内からオレキシンが分泌されます。
オレキシンが分泌されると、胃の動きが活発になり、先に食べたものは十二指腸・小腸へと送られ、胃の中に空間が作られます。
この胃の中に作られた空間が、別腹と呼ばれているものの正体です。

特に甘いものが別腹を作りやすい
好物は人それぞれなので、オレキシンが分泌されやすい食べ物も、人によって違うように思えます。
しかし、食事として食べる物の中には、甘味の強いものが入っていることは少なく、甘味を欲した状態になっています。
そのため、特にスイーツなどの甘いものを見た時にはオレキシンが分泌されやすく、別腹が作られやすくなります。

別腹を作らないためには
オレキシンは脳が勝手に分泌するものなので、別腹を作らないことは難しいです。
しかし、脳に「食べたい」と思わせないようにすれば、オレキシンの分泌は抑えられるため、別腹は作られにくくなります。
食後に好きな食べ物を見たり、考えたりしないようにすることで、少しは回避することができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 美人画像
    美人になることは難しくない 女性は美人になるために、食事に気をつかったり、スキンケアや化粧品にお金…
  2. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  3. 白い雪の画像
    コードギアスに「雪がどうして白いか知っているか?自分がどんな色だったか忘れてしまったからさ」というセ…
  1. オリンピック五輪マークの画像
  2. 日和山の画像
  3. ジーンズのポケットの画像
  4. グラスにビールを注ぐ画像
  5. 田貫湖と富士山の画像
ページ上部へ戻る