甘いものは別腹の仕組み

ドーナツを食べる画像

別腹が作られるメカニズム
脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。
このオレキシンが、別腹を作る元になっています。
食事をしていくら満腹になっていても、好きな食べ物を見ると、脳内からオレキシンが分泌されます。
オレキシンが分泌されると、胃の動きが活発になり、先に食べたものは十二指腸・小腸へと送られ、胃の中に空間が作られます。
この胃の中に作られた空間が、別腹と呼ばれているものの正体です。

特に甘いものが別腹を作りやすい
好物は人それぞれなので、オレキシンが分泌されやすい食べ物も、人によって違うように思えます。
しかし、食事として食べる物の中には、甘味の強いものが入っていることは少なく、甘味を欲した状態になっています。
そのため、特にスイーツなどの甘いものを見た時にはオレキシンが分泌されやすく、別腹が作られやすくなります。

別腹を作らないためには
オレキシンは脳が勝手に分泌するものなので、別腹を作らないことは難しいです。
しかし、脳に「食べたい」と思わせないようにすれば、オレキシンの分泌は抑えられるため、別腹は作られにくくなります。
食後に好きな食べ物を見たり、考えたりしないようにすることで、少しは回避することができます。

関連記事

  1. 女性の膝裏の画像
    膝の前面の名前 膝の前面の出っ張った部分は、一般には「膝頭(ひざがしら)」や「膝小僧(ひざこぞう)…
  2. 頭と顔の境目が後頭部にある人の画像
    頭と顔の境目はどこになるか 美容の分野では額(おでこ)は顔に含みますが、頭を冷やす時や頭が痛いとい…
  3. 口喧嘩の画像
    負けず嫌いの「ず」と食わず嫌いの「ず」 負けず嫌いとは、他人に負けることを嫌がる勝気な性格のことを…
  1. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  2. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  3. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
  4. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  5. モンシロチョウとタンポポの画像
    モンシロチョウの特徴 蝶の中で最も身近に見られるモンシロチョウは、翅の色は白く、前翅に2点、後翅の…
ページ上部へ戻る