真夏に雪が降ったら初雪になるか

夏の白馬大雪渓の画像

初雪の定義
気象庁が発表する「初雪」は、新年になってから初めて降る雪ではなく、その冬に初めて降った雪を指します。
厳密にいうと、寒候年に初めて降る雪(みぞれを含む)を「初雪」としています。

寒候年と初雪
寒候年とは、前年8月1日から当年7月までを1年とするものです。
つまり、同じ夏であっても、降った日が7月31日までであれば、前年の最後の雪(終雪)。
8月1日以降に降ったのであれば、その年の初雪になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夏の白馬大雪渓の画像
    初雪の定義 気象庁が発表する「初雪」は、新年になってから初めて降る雪ではなく、その冬に初めて降った…
  2. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  3. 女性の膝裏の画像
    膝の前面の名前 膝の前面の出っ張った部分は、一般には「膝頭(ひざがしら)」や「膝小僧(ひざこぞう)…
  1. 数学記号の画像
    算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中に…
  2. 一富士二鷹三茄子の画像
    一富士二鷹三茄子の意味 一富士二鷹三茄子は、昔から初夢に見ると縁起が良いとされるものです。 この…
  3. 鶴亀の画像
    鶴は千年亀は万年 鶴と亀は縁起の良い生き物で、長寿の象徴となっていることから、長寿やめでたいことを…
  4. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
  5. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
ページ上部へ戻る