初夢は何日の夜に見た夢のことか

初夢の画像

昔の初夢は節分の夜
「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、平安時代末期には「初夢」という概念があったようです。
この時代は、立春を新年の始まりとしていたため、節分の夜に見た夢が初夢でした。

江戸時代の初夢は3通り
江戸時代に入ると、大晦日(12月31日)から元日(1月1日)、元日から2日、2日から3日に見る夢を「初夢」とする3つの説が生まれました。
大晦日から元日に見る夢は、新年に初めて見る夢なので、文字通り「初夢」です。
元日から2日の夢が初夢になるのは、大晦日の夜は正月準備や初詣などで、徹夜することが多くなったためです。
2日から3日の夢が初夢になったのは、書初めや初商いなどの新年の行事が2日に行われたためといわれています。
また、七福神の乗った宝船を枕の下に敷いて寝ると良い夢が見られるという風習は、室町時代からありましたが、江戸時代には、2日の午後に「お宝、お宝」と言って宝船の絵が売られるようになったため、2日の夜に見る夢が「初夢」になったという説もあります。

現代の初夢は何日の夜か
現代では、元日から2日の夜、もしくは、2日から3日の夜に見た夢を「初夢」とすることが多く、正確には決まっていません。
大晦日から元日の夜が省かれたのは、徹夜することが多くなったこと、新年になって初めて迎える夜に見た夢ではないこと、見た夢が大晦日なのか元日なのか分からないことなどが挙げられます。
2日から3日の夜に見た夢が残っているのは、江戸時代からの名残りといえます。
また、元日から2日にかけて見た夢は「2日に見た夢」とも言えるため、それが「2日の夜に見た夢」と捉えられ、2日から3日の夜になったとも考えられます。

関連記事

  1. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  2. 沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像
    サメの種類による理由 獰猛で危険なイメージの強いサメですが、全ての種類が肉食ではありません。 ジ…
  3. パナシナイコスタジアムの画像
    夏季オリンピックと冬季オリンピックは通称 一般に、オリンピックの夏季大会は「夏季オリンピック」や「…
  1. 宝くじ売り場の画像
    宝くじの前後賞とは 宝くじの前後賞は、1等の当選番号と同じ組番号で末尾の数字が1つ違いのものです。…
  2. 生うなぎの画像
    うなぎや穴子の料理 うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺…
  3. 美人画像
    美人になることは難しくない 女性は美人になるために、食事に気をつかったり、スキンケアや化粧品にお金…
  4. ドーナツを食べる画像
    別腹が作られるメカニズム 脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。 …
  5. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
ページ上部へ戻る