初夢は何日の夜に見た夢のことか

初夢の画像

昔の初夢は節分の夜
「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、平安時代末期には「初夢」という概念があったようです。
この時代は、立春を新年の始まりとしていたため、節分の夜に見た夢が初夢でした。

江戸時代の初夢は3通り
江戸時代に入ると、大晦日(12月31日)から元日(1月1日)、元日から2日、2日から3日に見る夢を「初夢」とする3つの説が生まれました。
大晦日から元日に見る夢は、新年に初めて見る夢なので、文字通り「初夢」です。
元日から2日の夢が初夢になるのは、大晦日の夜は正月準備や初詣などで、徹夜することが多くなったためです。
2日から3日の夢が初夢になったのは、書初めや初商いなどの新年の行事が2日に行われたためといわれています。
また、七福神の乗った宝船を枕の下に敷いて寝ると良い夢が見られるという風習は、室町時代からありましたが、江戸時代には、2日の午後に「お宝、お宝」と言って宝船の絵が売られるようになったため、2日の夜に見る夢が「初夢」になったという説もあります。

現代の初夢は何日の夜か
現代では、元日から2日の夜、もしくは、2日から3日の夜に見た夢を「初夢」とすることが多く、正確には決まっていません。
大晦日から元日の夜が省かれたのは、徹夜することが多くなったこと、新年になって初めて迎える夜に見た夢ではないこと、見た夢が大晦日なのか元日なのか分からないことなどが挙げられます。
2日から3日の夜に見た夢が残っているのは、江戸時代からの名残りといえます。
また、元日から2日にかけて見た夢は「2日に見た夢」とも言えるため、それが「2日の夜に見た夢」と捉えられ、2日から3日の夜になったとも考えられます。

関連記事

  1. ジーンズのポケットの画像
    ジーンズに小さいポケットが付いている理由と正式名称 ジーンズの右前ポケットの中には、小さいポケット…
  2. かまくらの画像
    かまくらの中はなぜ暖かいのか かまくらは冷たい雪で作っているのに、中は暖かくなっています。 かま…
  3. 運動会の綱引きの画像
    綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源 運動会などで綱引きをする時の掛け声には、「よいしょ」や「せ…
  1. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  2. 塩をひとつまみする画像
    料理のレシピには、「少々」や「ひとつまみ」、「少量」や「ひとにぎり」など、ハッキリとした量で示されて…
  3. 頭と顔の境目が後頭部にある人の画像
    頭と顔の境目はどこになるか 美容の分野では額(おでこ)は顔に含みますが、頭を冷やす時や頭が痛いとい…
  4. ティッシュで鼻をかむ画像
    かなり多くの人が、鼻をかんだ後にティッシュを開いて中身を見ています。 自分はしないと思っている人で…
  5. ホットミルクを飲む画像
    牛乳を温めると膜が張る現象の名前 鍋や電子レンジで牛乳を温めた時に表面に膜ができる現象を「ラムスデ…
ページ上部へ戻る