初夢は何日の夜に見た夢のことか

初夢の画像

昔の初夢は節分の夜
「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、平安時代末期には「初夢」という概念があったようです。
この時代は、立春を新年の始まりとしていたため、節分の夜に見た夢が初夢でした。

江戸時代の初夢は3通り
江戸時代に入ると、大晦日(12月31日)から元日(1月1日)、元日から2日、2日から3日に見る夢を「初夢」とする3つの説が生まれました。
大晦日から元日に見る夢は、新年に初めて見る夢なので、文字通り「初夢」です。
元日から2日の夢が初夢になるのは、大晦日の夜は正月準備や初詣などで、徹夜することが多くなったためです。
2日から3日の夢が初夢になったのは、書初めや初商いなどの新年の行事が2日に行われたためといわれています。
また、七福神の乗った宝船を枕の下に敷いて寝ると良い夢が見られるという風習は、室町時代からありましたが、江戸時代には、2日の午後に「お宝、お宝」と言って宝船の絵が売られるようになったため、2日の夜に見る夢が「初夢」になったという説もあります。

現代の初夢は何日の夜か
現代では、元日から2日の夜、もしくは、2日から3日の夜に見た夢を「初夢」とすることが多く、正確には決まっていません。
大晦日から元日の夜が省かれたのは、徹夜することが多くなったこと、新年になって初めて迎える夜に見た夢ではないこと、見た夢が大晦日なのか元日なのか分からないことなどが挙げられます。
2日から3日の夜に見た夢が残っているのは、江戸時代からの名残りといえます。
また、元日から2日にかけて見た夢は「2日に見た夢」とも言えるため、それが「2日の夜に見た夢」と捉えられ、2日から3日の夜になったとも考えられます。

関連記事

  1. 口喧嘩の画像
    負けず嫌いの「ず」と食わず嫌いの「ず」 負けず嫌いとは、他人に負けることを嫌がる勝気な性格のことを…
  2. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  3. 圧力鍋の画像
    圧力鍋は短時間で料理が作れる 圧力鍋は普通の鍋に比べ、時間のかかる煮物や蒸し物などの料理が短時間で…
  1. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  2. 星が瞬く画像
    星が瞬く理由 夜空を眺めていると、星がキラキラと瞬いています。 しかし、実際は星が明るさを変えて…
  3. 運動会の綱引きの画像
    綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源 運動会などで綱引きをする時の掛け声には、「よいしょ」や「せ…
  4. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  5. ドーナツを食べる画像
    別腹が作られるメカニズム 脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。 …
ページ上部へ戻る