働きアリの中に必ず働かないアリがいる理由

働きアリの画像

働かない働きアリは必ず2~3割
働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存在するといわれています。
働かない働きアリを除き、働く働きアリだけのグループを作っても、必ず2~3割の働かない働きアリが現れ、働く働きアリの割合は常に7~8割になります。

働かない働きアリが必ず存在する理由
2016年、北海道大学大学院准教授の長谷川英祐氏が率いる研究グループが、「働かない働きアリ」に関する研究成果を発表しました。
アリのコロニーには一時も休めない仕事があるため、疲れて休むアリが出てきたら、働かないアリが交代して働いているというのです。
働かない働きアリの存在は一見非効率に見えますが、短期的には非効率でも、全員が一斉に働き始めたら、全員が一斉に疲れて仕事ができなくなり、アリのコロニーは滅びてしまいます。
長期的には疲れ切ったアリが休み、疲れていないアリが働いた方が効率よく、集団存続には、働かないアリも必要な存在なのです。

働きアリの休めない仕事とは
働きアリの唾液には、カビの発生を抑える抗生物質が含まれています。
その唾液で卵を舐め続けていないと、30分程度でカビが生えて死んでしまうため、一時も休まず舐め続ける必要があります。
卵を舐め続けるために、働かない働きアリが存在しているのです。

関連記事

  1. 虹の画像
    虹が虫偏の理由 虹は雨あがりなどに大気中にあらわれる円弧状の帯のことで、太陽と水は関係していますが…
  2. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  3. 宇宙から見た日本列島の画像
    空と宇宙の境界線の定義 地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが…
  1. レンコンの穴の画像
    レンコンに穴があいている理由 レンコンは漢字で「蓮根」と書くため、ハスの根だと思われがちですが、レ…
  2. 電子レンジで温める画像
    電子レンジで食品が温まる仕組み・原理 電子レンジは、マイクロ波という電波によって食品を温めています…
  3. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
  4. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
  5. 星が瞬く画像
    星が瞬く理由 夜空を眺めていると、星がキラキラと瞬いています。 しかし、実際は星が明るさを変えて…
ページ上部へ戻る