働きアリの中に必ず働かないアリがいる理由

働きアリの画像

働かない働きアリは必ず2~3割
働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存在するといわれています。
働かない働きアリを除き、働く働きアリだけのグループを作っても、必ず2~3割の働かない働きアリが現れ、働く働きアリの割合は常に7~8割になります。

働かない働きアリが必ず存在する理由
2016年、北海道大学大学院准教授の長谷川英祐氏が率いる研究グループが、「働かない働きアリ」に関する研究成果を発表しました。
アリのコロニーには一時も休めない仕事があるため、疲れて休むアリが出てきたら、働かないアリが交代して働いているというのです。
働かない働きアリの存在は一見非効率に見えますが、短期的には非効率でも、全員が一斉に働き始めたら、全員が一斉に疲れて仕事ができなくなり、アリのコロニーは滅びてしまいます。
長期的には疲れ切ったアリが休み、疲れていないアリが働いた方が効率よく、集団存続には、働かないアリも必要な存在なのです。

働きアリの休めない仕事とは
働きアリの唾液には、カビの発生を抑える抗生物質が含まれています。
その唾液で卵を舐め続けていないと、30分程度でカビが生えて死んでしまうため、一時も休まず舐め続ける必要があります。
卵を舐め続けるために、働かない働きアリが存在しているのです。

関連記事

  1. 犬がお尻の臭いを嗅ぐ画像
    犬がお尻の臭いを嗅ぐ理由 犬を散歩に連れて行くと、出会った他の犬のお尻の臭いを嗅ぎます。 人間か…
  2. 精子の3D画像
    精子を数える時の単位 精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子…
  3. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  1. 沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像
    サメの種類による理由 獰猛で危険なイメージの強いサメですが、全ての種類が肉食ではありません。 ジ…
  2. 赤べこの画像
    赤べことは 赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具で、首がゆらゆら揺れる赤い牛の張り子です。 「べこ…
  3. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  4. JR板橋駅西口(板橋口)の画像
    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正…
  5. 目から鱗が落ちる画像
    目から鱗が落ちるとは あることがきっかけで、急に物事が理解できるようになることをいいます。 盲目…
ページ上部へ戻る