三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

三階の画像

三階の正しい読み方
最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は「さんがい」です。
現在でも「さんかい」という発音に違和感を持つ人は多く、ニュースなどでは「さんがい」と読まれています。

三階を「さんがい」と読む理由
一階は「いっかい」、二階は「にかい」なのに、三階だけが「がい」となるのは、日本語では「ん」の後ろが濁る傾向にあるためです。
何階も「なんかい」ではなく「なんがい」と読みます。
他にも、三杯や何杯は「さんばい」「なんばい」、三千や何千は、「さんぜん」「なんぜん」というように、「ん」の後ろは濁した発音になります。

なぜ四階は「よんがい」ではないのか
四階も「ん」の後ろに「かい」がくるので、先のルールに従えば「よんがい」と読みそうですが、「よんかい」と読みます。
四階が濁らないのは、元々の読みが「しかい」であったためです。
「し」は「死」を連想させるため、「よ」や「よん」と発音されるようになりました。
四階は「しかい」と発音していたものが変わっただけなので、「よんかい」と濁らず読まれているのです。

三回を「さんかい」、何回を「なんかい」と読む理由
三階が「さんがい」、何階が「なんがい」であれば、三回や何回も「がい」と濁るはずですが、三回は「さんかい」、何回は「なんかい」と読みます。
三回や何回が濁らない理由は、「ん」の後ろは濁るというのが、あくまでも傾向にあるというだけで、必ず濁るとは限らないためです。
傾向に沿ったのが「三階」や「何階」、傾向に沿わなかったのが「三回」や「何回」なのです。

関連記事

  1. ドーナツを食べる画像
    別腹が作られるメカニズム 脳内で「食べたい」と思った時には、オレキシンという物質が分泌されます。 …
  2. 一富士二鷹三茄子の画像
    一富士二鷹三茄子の意味 一富士二鷹三茄子は、昔から初夢に見ると縁起が良いとされるものです。 この…
  3. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  1. ボウリングのピンが倒れる画像
    ボウリングのピンは9本だった ボウリングの起源は紀元前5000年前の古代エジプトにあるといわれてい…
  2. パナシナイコスタジアムの画像
    夏季オリンピックと冬季オリンピックは通称 一般に、オリンピックの夏季大会は「夏季オリンピック」や「…
  3. かまくらの画像
    かまくらの中はなぜ暖かいのか かまくらは冷たい雪で作っているのに、中は暖かくなっています。 かま…
  4. 初夢の画像
    昔の初夢は節分の夜 「初夢」という言葉が初めて文献に登場するのは、西行法師の歌集「山家集」なので、…
  5. 目の色の画像
    人によって目(瞳)の色が違う理由 一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさ…
ページ上部へ戻る