三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

三階の画像

三階の正しい読み方
最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は「さんがい」です。
現在でも「さんかい」という発音に違和感を持つ人は多く、ニュースなどでは「さんがい」と読まれています。

三階を「さんがい」と読む理由
一階は「いっかい」、二階は「にかい」なのに、三階だけが「がい」となるのは、日本語では「ん」の後ろが濁る傾向にあるためです。
何階も「なんかい」ではなく「なんがい」と読みます。
他にも、三杯や何杯は「さんばい」「なんばい」、三千や何千は、「さんぜん」「なんぜん」というように、「ん」の後ろは濁した発音になります。

なぜ四階は「よんがい」ではないのか
四階も「ん」の後ろに「かい」がくるので、先のルールに従えば「よんがい」と読みそうですが、「よんかい」と読みます。
四階が濁らないのは、元々の読みが「しかい」であったためです。
「し」は「死」を連想させるため、「よ」や「よん」と発音されるようになりました。
四階は「しかい」と発音していたものが変わっただけなので、「よんかい」と濁らず読まれているのです。

三回を「さんかい」、何回を「なんかい」と読む理由
三階が「さんがい」、何階が「なんがい」であれば、三回や何回も「がい」と濁るはずですが、三回は「さんかい」、何回は「なんかい」と読みます。
三回や何回が濁らない理由は、「ん」の後ろは濁るというのが、あくまでも傾向にあるというだけで、必ず濁るとは限らないためです。
傾向に沿ったのが「三階」や「何階」、傾向に沿わなかったのが「三回」や「何回」なのです。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  2. 除夜の鐘の画像
    人間の煩悩の数が108個という由来 仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根…
  3. ゼロの画像
    奇数と偶数の定義 1・3・5・7・9など2で割り切れない整数を奇数といい、2・4・6・8・10など…
  1. 風邪をひいた女性の画像
    インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」 病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「…
  2. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
  3. 緑色の葉っぱの画像
    木の葉や草が緑色になる理由 木の葉や草が緑色になるのは、葉緑素(クロロフィル)という緑色の色素が含…
  4. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  5. 白い鳩を出すマジシャンの画像
    マジックで白い鳩が使われる理由を書くためには、手品の種明かしが必要になりますので、手品の種を知りたく…
ページ上部へ戻る