三毛猫のオスが少ない理由

三毛猫のオスが生まれる確率
白・黒・茶の毛色をした三毛猫の性別は基本的にメスですが、ごく稀にオスの三毛猫も存在します。
はっきりと分かっていませんが、三毛猫のオスが生まれる確率は3万分の1ぐらいといわれています。

三毛猫のオスが少ない理由
三毛猫のオスが生まれにくいのは、遺伝子の中にある染色体に関係しています。
メスはX染色体が2本で「XX」、オスはX染色体とY染色体が1本ずつで「XY」です。
毛色の白は常染色体上に存在するため、染色体に関係なく、オスでもメスでも持つことができますが、黒と茶はX染色体にしか存在しません。
メスは「XX」で、X染色体が2つあるため、色の持つパターンは黒黒・黒茶・茶茶の3種類になります。
黒茶に常染色体の白が加われば、白・黒・茶の三毛猫になるので、メスの三毛猫は生まれます。
一方のオスは「XY」で、X染色体が1つしかないため、黒か茶のどちらか1色しか持つことができません。
これに白が加わっても、黒・白か茶・白の2色にしかならないため、オスの三毛猫は生まれないのです。

稀に三毛猫のオスが生まれる理由
「クラインフェルター症候群」と呼ばれる染色体異常によって、X染色体が1つ多い「XXY」の染色体を持って生まれてくるオスがいます。
「XXY」であればX染色体が2つあり、黒と茶の2色を持つことが可能になるため、オスの三毛猫が生まれることがあるのです。


コチラもおすすめ

TOP