七福神のプロフィール

七福神宝船の画像

七福神とは
七福神は、日本で福をもたらす神として信仰される、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天(弁財天)・寿老人・福禄寿・布袋の7人の神のことです。
七福神を乗せた宝船の絵は、初夢を見るために枕の下に敷く縁起物になっています。

恵比寿の容姿・ご利益・出身地
恵比寿は、右手に釣り竿を持ち、左手に鯛を抱えた姿をしているように、元々は大漁追福の漁業の神でしたが、時代とともに、商業や農業の神も兼ねるようになりました。
恵比寿のご利益は、大魚守護・商売繁盛・五穀豊穣・除災招福です。
恵比寿は、七福神の中で唯一日本の神様で、イザナギ、イザナミの神の間に生まれたヒルコか、大国主の息子の事代主といわれています。

大黒天の容姿・ご利益・出身地
大黒天は、右手に打ち出の小槌槌を持ち、左肩に大きな袋をかついで、米俵の上に乗っています。
大黒天のご利益は、五穀豊穣・子孫愛育・出世開運・商売繁盛です。
大黒天は、インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラ神に由来し、日本では神道の大国主命と同一視され、広く信仰されるようになりました。

毘沙門天の容姿・ご利益・出身地
毘沙門天は、甲冑に身を包み、右手に矛または宝棒、左手に宝塔を持っている神です。
毘沙門天のご利益は、武道成就・降魔厄除・家内安全・夫婦和合です。
毘沙門天は、インドのヒンドゥー教のクベーラ神に由来し、戦いの神でしたが、仏教に取り入れられてから、福徳増進の神として信仰されるようになりました。
四天王では「多聞天」と呼ばれ、財宝を施す神として「施財天」とも呼ばれます。

弁才天(弁財天)の容姿・ご利益・出身地
弁才天は、七福神の中で唯一の女性の神で、琵琶を弾く天女の姿をしています。
弁才天のご利益は、諸芸上達・学徳成就・福徳施与・恋愛成就のご利益です。
弁才天は、インドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神に由来し、仏教に取り入れられて、音楽・弁舌・財福・知恵の徳のある神となりました。
弁才天は「弁天」とも呼ばれたり、「才」が「財」の音に通じることから、七福神では「弁財天」と表記することが多いです。

福禄寿の容姿・ご利益・出身地
福禄寿は、頭が長く、長い白髭を生やした背の低い老人姿で、右手に経巻を結んだ杖、左手に宝珠を持ち、鶴を従えています。
福禄寿のご利益は、財運招福・延命長寿・立身出世・招徳人望です。
福禄寿は、中国・道教の宋の道士天南星に由来する説と、道教の神で南極星の化身の南極老人に由来する説があります。
寿老人は南極老人に由来するため、福禄寿と寿老人は同一神とされることもあります。

寿老人の容姿・ご利益・出身地
寿老人は、長い白髭を生やした背の低い老人姿で、右手に巻物をつけた杖、左手に団扇を持ち、長寿と自然を象徴する牡鹿を従えています。
福禄寿と同じく長い頭をしていますが、帽子を被った姿で描かれ、普通の長さに見えるものが多いです。
寿老人のご利益は、幸福長寿・家庭円満・延命長寿・福徳智慧です。
中国・道教の神で南極星の化身の南極老人に由来し、寿老人と同一神とされることがあります。

布袋の容姿・ご利益・出身地
布袋は、半裸で太鼓腹を出し、大きな袋を持っています。
布袋のご利益は、千客万来・商売繁盛・家運隆盛・家庭円満です。
布袋は、七福神の中で唯一実在した人物で、中国が唐時代に仏教の禅僧をしていた人といわれています。
また、布袋は吉凶や天候などを占ったため、弥勒菩薩の化身ともいわれています。

関連記事

  1. 一富士二鷹三茄子の画像
    一富士二鷹三茄子の意味 一富士二鷹三茄子は、昔から初夢に見ると縁起が良いとされるものです。 この…
  2. パナシナイコスタジアムの画像
    夏季オリンピックと冬季オリンピックは通称 一般に、オリンピックの夏季大会は「夏季オリンピック」や「…
  3. 七福神宝船の画像
    七福神とは 七福神は、日本で福をもたらす神として信仰される、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天(弁財…
  1. 言葉を話す画像
    動物の中で人間だけが言葉を話せる理由 動物の中で人間だけが言葉を話せる動物です。 人間だけが言葉…
  2. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  3. 中止の知らせを聞きがっかりする選手の画像
    中止になったオリンピックの回数 過去に近代オリンピックで中止になった回数は、夏季オリンピック3回、…
  4. 夏の白馬大雪渓の画像
    初雪の定義 気象庁が発表する「初雪」は、新年になってから初めて降る雪ではなく、その冬に初めて降った…
  5. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
ページ上部へ戻る