チャイナドレスには、なぜスリットが入っているのか

深いスリットの入ったチャイナドレス画像

チャイナドレスにスリット(切れ目)が入っている理由
チャイナドレスは、中国清朝時代の満州族の伝統服「旗袍(チーパオ)」に由来する衣服です。
チャイナドレスにスリットが入っているのは、この旗袍にスリットが入っていたためで、元々は乗馬の際に脚を横に出すためのものでした。
旗袍のスリットは深いものではなく、膝丈ぐらいまでであったといわれています。

チャイナドレスに深いスリットが入るようになったのは
1920年代に旗袍を洋服風のデザインにした衣服が登場し、1930年代には脚を露出することがブームとなり、深いスリットが入るようになりました。
また、胸や腰周りの曲線を強調するため、タイトなデザインになったのもこの頃で、これが現在のチャイナドレスの原型となっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ティッシュで鼻をかむ画像
    かなり多くの人が、鼻をかんだ後にティッシュを開いて中身を見ています。 自分はしないと思っている人で…
  2. 緑色の黒板の画像
    緑色なのに黒板という理由 学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学の前身と…
  3. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  1. 運動会の綱引きの画像
  2. 沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像
  3. いちごのショートケーキの画像
  4. いちごのショートケーキの画像
  5. 白い雪の画像
ページ上部へ戻る