チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

深いスリットの入ったチャイナドレス画像

チャイナドレスにスリット(切れ目)が入っている理由
チャイナドレスは、中国清朝時代の満州族の伝統服「旗袍(チーパオ)」に由来する衣服です。
チャイナドレスにスリットが入っているのは、この旗袍にスリットが入っていたためで、元々は乗馬の際に脚を横に出すためのものでした。
旗袍のスリットは深いものではなく、膝丈ぐらいまでであったといわれています。

チャイナドレスに深いスリットが入るようになったのは
1920年代に旗袍を洋服風のデザインにした衣服が登場し、1930年代には脚を露出することがブームとなり、深いスリットが入るようになりました。
また、胸や腰周りの曲線を強調するため、タイトなデザインになったのもこの頃で、これが現在のチャイナドレスの原型となっています。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. はしゃぐ女性たちの画像
    はしゃぐの意味 「はしゃぐ」は、調子に乗って浮かれ騒ぐことをいいます。 一部の地域では「洗濯物が…
  2. 数学記号の画像
    算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中に…
  3. 星が瞬く画像
    星が瞬く理由 夜空を眺めていると、星がキラキラと瞬いています。 しかし、実際は星が明るさを変えて…
  1. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
  2. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  3. 頭と顔の境目が後頭部にある人の画像
    頭と顔の境目はどこになるか 美容の分野では額(おでこ)は顔に含みますが、頭を冷やす時や頭が痛いとい…
  4. バンコクの画像
    タイの首都名はバンコクではない タイの首都といえば「バンコク」ですが、タイ国民は「クルンテープ」と…
  5. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
ページ上部へ戻る