水族館のサメが他の魚を食べない理由

沖縄美ら海水族館のジンベエザメの画像

サメの種類による理由
獰猛で危険なイメージの強いサメですが、全ての種類が肉食ではありません。
ジンベエザメやウバザメなどは歯が小さく、口を開けながら泳いで、海水と一緒に飲み込んだプランクトンを食べています。
一緒に小魚も飲み込みますが、飲み込まれない魚であれば、同じ水槽に入れていてもサメに食べられることはありません。

肉食のサメが他の魚を理由
肉食のサメの場合は、他の魚を襲って食べてしまうため、そのサメが食べない種類の魚を同じ水槽に入れています。
また、サメが魚を食べるのは空腹を満たすためであって、人間のように嗜好品として食べているわけではありません。
空腹でもないのに無駄に体力を消耗してまで、魚を襲って食べようとしませんので、サメに十分な餌を与えていれば、他の魚を食べることがないのです。

サメに食べられてしまうこともある
水族館では、サメの生態を考慮して混泳させる魚を選んでいますが、それでも食べられる時は食べられてしまいます。
そのため、係の人が魚の数を見て、減った分を補充しています。

サメがサメを食べたことも
2014年には、サメがサメを食べる事件が起きています。
場所は、アクアワールド茨城県大洗水族館。
全長2.8メートルのシロワニという種のサメが、全長1.6メートルのネムリブカという種のサメを丸のみしてしまいました。
こちらでも、アクシデントが起きないよう、種類や性格などを考慮してサメを混泳させていたようですから、やはり、食べる時は食べるのです。

関連記事

  1. スキージャンプヒルの画像
    第1回冬季オリンピック大会の開催 第1回の冬季オリンピック大会は、1924年にフランスのシャモニー…
  2. グラスにビールを注ぐ画像
    厚生労働省が推進するお酒の適量 厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g…
  3. 時計の画像
    右回りを「時計回り」、左回りを「反時計回り」と言うように、時計の針は右回りで回っています。 時計が…
  1. ペンギンの画像
    ペンギンも昔は空を飛んでいた ペンギンは鳥なのに飛ぶことができず、翼は海中を泳ぐために使われていま…
  2. 目の色の画像
    人によって目(瞳)の色が違う理由 一般に「目の色(瞳の色)」といわれているのは、目の「虹彩(こうさ…
  3. 頭にタオルを乗せ温泉に入る画像
    温泉や銭湯の湯船につかる時に頭の上にタオルを乗せるのは、置き場所がないからということも理由のひとつで…
  4. JR板橋駅西口(板橋口)の画像
    JR板橋駅の位置 JR板橋駅の住所は東京都板橋区板橋1丁目15-1で、JRの駅では唯一、板橋区に正…
  5. 深いスリットの入ったチャイナドレス画像
    チャイナドレスにスリット(切れ目)が入っている理由 チャイナドレスは、中国清朝時代の満州族の伝統服…
ページ上部へ戻る