たけのこの成長はなぜ早いのか

すくすく伸びるたけのこの画像

たけのこの成長スピード
竹の若芽であるたけのこの成長スピードは、地表に顔を出す頃は1日数センチメートル程度ですが、10日ほど経つと1日数十センチメートル伸びるようになります。
1日で1メートル以上伸びることがあり、真竹で1.21メートル、孟宗竹で1.19メートル伸びた記録もあります。
たけのこが地表に顔を出してから2~3カ月程度で成竹と同じ高さまで伸びます。
その後、伸びたり太ったりせず、硬化が進んで成竹になります。

たけのこの成長が早い理由
多くの植物は先端部分に成長点があり、その成長点が活発に細胞分裂繰り返すことで上へと伸びていきます。
たけのこ(竹)は先端のほかに、約60個あるといわれる各節にも成長点があります。
それぞれの節にある成長点が同時に細胞分裂を繰り返すため、ひとつの節間の伸びは僅かでも、全体では大きな伸びとなるのです。

たけのこの栄養補給の仕方も成長を早くしている
多くの植物は、種子に含まれた栄養分で育ちます。
その栄養分を使い終えると、光合成によって栄養を作り出すことで成長しています。
竹は光合成で得た栄養分を地下に貯蔵します。
次の年に出てくるたけのこは、自力で栄養を作り出さなくても地下に貯蔵された栄養分を得て成長できるため、他の植物よりも早く成長できます。
竹は一本の独立した植物ではなく地下茎で繋がっている植物なので、地下に栄養を蓄えておき、若芽であるたけのこに栄養を与えることができるのです。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. トウモロコシのひげの画像
    トウモロコシのひげの正体 皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。 …
  2. 底に青い二重丸が描かれたおちょこの画像
    青い二重丸の名称 おちょこの底に描かれた青い二重丸の模様は、上から覗き込むとヘビの目のように見える…
  3. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  1. お茶をいただく画像
    茶道で茶碗を回す方向や回数 茶道では、お茶を出されたら、茶碗を時計回りに2回まわしてから、お茶をい…
  2. 三階の画像
    三階の正しい読み方 最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は…
  3. 言葉を話す画像
    動物の中で人間だけが言葉を話せる理由 動物の中で人間だけが言葉を話せる動物です。 人間だけが言葉…
  4. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  5. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
ページ上部へ戻る