かまくらの中が暖かい3つの理由

かまくらの画像

かまくらの中はなぜ暖かいのか
かまくらは冷たい雪で作っているのに、中は暖かくなっています。
かまくらが暖かい理由は、かまくらの構造、雪の性質、そして錯覚にあります。

かまくらの構造
かまくらの出入り口は1カ所で、風の入りにくい風下に作られています。
風下に出入り口を作ることで、冷たい外気が遮られ、七輪などの熱で暖められた状態を保つことができるのです。
また、暖められた空気は上昇し、天井に当たると下降します。
かまくらの中は比較的狭いため、この暖かい空気の循環が活発になっています。

雪の性質
雪自体は冷たいですが、雪には断熱効果があるため、かまくらの中は暖かくなります。
この断熱効果は、雪の中に多く含まれている空気によるものです。
空気は熱を伝えにくい性質をもっています。
その空気を多く含んだ雪も、熱を遮断する効果があるので、雪で作ったかまくらは、外の冷たい空気を遮断し、中の暖かい空気を外に逃がさないようになっています。

暖かいと感じる錯覚
かまくらの中が暖かいと言っても、外に比べれば意外と暖かいというだけで、暖房の入った室内に比べれば寒いです。
かまくらの外の気温は氷点下のことが多く、そこから外気を遮断している所に入れば、室内が0℃であったとしても暖かく感じます。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 梵天耳かきの画像
    梵天耳かきとは 耳かきの匙(さじ)の反対側につけられた白いフワフワした羽毛を「梵天」といい、梵天が…
  2. 臭い画像
    「臭」の漢字を分解すると「自」と「大」 「におい」や「くさい」を意味する「臭」という漢字は、分解す…
  3. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
  1. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  2. ダンクシュートの画像
    ダンクの意味 バスケットボールで、ゴールの真上からボールを叩きこむようにシュートすることを「ダンク…
  3. 黒船サスケハナの画像
    黒船来航と「黒船」という言葉 嘉永6年(1853年)6月3日、マシュー・ペリー率いるアメリカ合衆国…
  4. 円形に並べた色鉛筆の画像
    普通の黒鉛筆は六角形の軸が多く、色鉛筆は丸い軸のものが多いです。 このような形の違いがある理由は、…
  5. 生徒が掃除をする画像
    日本の学校では生徒、海外の学校では清掃業者が掃除をする 日本の学校では指導要綱にも書かれていないの…
ページ上部へ戻る