お酒の適量とはどのくらいの量か

グラスにビールを注ぐ画像

厚生労働省が推進するお酒の適量
厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g程度の飲酒」としています。
推進されている適量は、通常のアルコール代謝能を有する日本人を対象としているため、女性や高齢者の場合は、これよりも少ない量を適量と考えた方が良いでしょう。

お酒の種類別適量
一口に純アルコール20gが適量といっても、それぞれアルコール度数が異なるため、適量となる飲酒量は種類によって違ってきます。
純アルコールにして20gになる量は、ビールならば中瓶1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、焼酎は0.6合(110ml)、ウイスキーはダブル1杯、ワインは4分の1本、缶チューハイは1缶(350ml)が相当します。

【人気記事】

関連記事

  1. 両国国技館の画像
    両国国技館の住所 大相撲の聖地である両国国技館の住所は、東京都墨田区横網町1丁目3番28号。 相…
  2. 美人画像
    美人になることは難しくない 女性は美人になるために、食事に気をつかったり、スキンケアや化粧品にお金…
  3. 血のついた皿の画像
    体内を流れる「血」と、器の「皿」の漢字は、とてもよく似ており、違うのは「ノ」の有無だけです。 「血…
  1. いちごのショートケーキの画像
    多くの記念日は、発明された日や語呂合わせで決められていますが、ショートケーキの日は意外な理由で毎月2…
  2. スキージャンプヒルの画像
    第1回冬季オリンピック大会の開催 第1回の冬季オリンピック大会は、1924年にフランスのシャモニー…
  3. ジーンズのポケットの画像
    ジーンズに小さいポケットが付いている理由と正式名称 ジーンズの右前ポケットの中には、小さいポケット…
  4. 田貫湖と富士山の画像
    日本一高い山は新高山 富士山の標高は3,776mで、日本一高い山と知られています。 しかし、その…
  5. 中止の知らせを聞きがっかりする選手の画像
    中止になったオリンピックの回数 過去に近代オリンピックで中止になった回数は、夏季オリンピック3回、…
ページ上部へ戻る