うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

生うなぎの画像

うなぎや穴子の料理
うなぎや穴子の定番の調理法といえば、蒲焼や白焼ですが、生で食べることもでき、刺身は脂が乗っていて美味しいです。
しかし、うなぎの刺身や穴子の刺身を出しているお店は少ないため、滅多に食べることができません。

うなぎや穴子の刺身が少ない理由
うなぎや穴子、ウツボやハモなどのウナギ目の魚には、血液(血清)の中に「イクシオトキシン」という毒が含まれています。
イクシオトキシンはタンパク質性の毒で、60.5℃程度の加熱をすることで分解されるため、蒲焼や白焼は問題なく食べられます。
生のうなぎや穴子は毒が含まれたままで、刺身として出すには徹底的に血抜きをする必要があるため、うなぎや穴子の刺身を出している店が少ないのです。

イクシオトキシンの毒の強さ
イクシオトキシンは、ふぐの毒(テトロドトキシン)のように命を落とすような強い毒ではなく、口に入っても、下痢や吐き気などの食中毒を起こす程度の毒です。
そのため、うなぎや穴子を提供するお店では、ふぐ調理師免許のように特別な免許を必要とせず、刺身を提供することもできます。
血を大量に飲んだ場合は死亡することもありますが、その致死量は体重60kgの人で1000mlですから、うなぎの刺身や穴子の刺身を食べて死ぬことはまずありません。
口に入る以外では、目に入るとまぶたが腫れて結膜炎を引き起こす。傷口に入ると炎症を起こすなどの症状があります。
うなぎや穴子は、食べる人よりも調理している人の方が、危険と背中合わせなのです。

関連記事

  1. オリンピック五輪マーク
    五輪マークの発案者 オリンピックのシンボルである五輪マークは、近代オリンピックの提唱者で「近代オリ…
  2. 数学記号の画像
    算数でも使われるポピュラーな数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形は、それぞれ起源が異なり、中に…
  3. 日和山の画像
    複数存在する日本一低い山 日本一高い山といえば、誰もが知っている標高3,776mの富士山ですが、日…
  1. 忙しい人の画像
    「せわしい」と「せわしない」の意味 「せわしい」は漢字で「忙しい」、「せわしない」は漢字で「忙しな…
  2. 赤い目のウサギの画像
    目が赤いウサギは特殊なウサギ ウサギといえば、赤い目をイメージする人も多いと思いますが、多くのウサ…
  3. 青い空の画像
    晴れた日中の空は、青い色に見えています。 空が青く見えているのは、太陽の光が関係しています。 …
  4. 郵便ポストの画像
    郵便マークの歴史 日本の郵便事業が開始されたのは1871年6月7日ですが、当時は「郵便」を表すマー…
  5. 働きアリの画像
    働かない働きアリは必ず2~3割 働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存…
ページ上部へ戻る